フルサービスキャリアとローコストキャリアの違い【FSCとLCC】

運航知識

どーもハシです!

近年、LCCの航空会社が増えてきましたよね!

航空券の値段も安く、飛行機をよく利用する方にとっては、選択肢が増えることはいいことです!

一方で、FSCとどのような違いがあるのか、あまり詳しく知らない方も多いと思います。

今日は、FSCとLCCについてお話ししたいと思います。

FSCとLCCとは

まずFSCとLCCについて、簡単にご紹介します。


FSCは、Full Service Carrierの略です。

日本の航空会社では全日空(ANA)日本航空(JAL)がFSCに当てはまります。


対してLCCは、Low Cost Carrierの略です。

ジェットスターやピーチが当てはまります。


FSCは機内・機外ともにサービスが充実しています。


対して、LCCは機内・機外サービスを有料のオプション制にしています。

そうすることでコストを削減し、お客様に低価格な料金で座席を提供しています。

FSCとLCCの違い

FSCとLCCの違いは様々あります。


①価格

LCCと聞いてまず思い浮かべるのは航空券代が安いということではないでしょうか。

価格はサービスコストを削減しているため、FSCと比べてLCCの料金はかなり安くなっています。



②座席指定

家族や友達と旅行する際、近くの席に座りたいですよね。

FSCは座席指定に追加料金は発生しません。

対して、LCCでは座席指定には追加の料金が必要になります。

>> 飛行機の座席は窓側・通路側どちらを選ぶべき?



③手荷物

飛行機を利用する方の多くがキャリーケースや大きい荷物は手荷物カウンターで預けるかと思います。

この手荷物預けに関しても違いがあります。

FSCでは追加料金は発生しませんが、LCCでは追加料金が発生します。

※重量超過の際はFSCでも追加料金がかかります。

ハシ
ハシ

料金の詳細については利用する航空会社のサイトをご覧ください



④機内サービス

機内で提供される機内食やドリンクもFSCは追加料金は発生しませんが、LCCは追加料金が発生します。



⑤マイル

マイルを貯めるのが好きな人、多いですよね(笑)

FSCはマイルを貯めることができますが、LCCはマイルサービス自体がないところがほとんどです。


貯めたマイルは航空券に替えることもできますよ!


また、普段の生活の支払いをマイル系クレジットカードですることでもマイルを貯めることができます。

マイルを貯めてみたいという方はマイル系クレジットカードを活用してみてください。



【初心者におすすめのマイル系クレジットカード】

・ANAのマイルを貯めたい方[ANA JCBカード]


・JALのマイルを貯めたい方[イオンJMBカード]



⑥欠航時の対応

個人的にここが一番重要な点かなと思っています!


FSC・LCCともに飛行機の欠航時は、後続の自社便への振替か料金の払戻しの対応となります。


FSCは就航便数も多いため、後続便へスムーズに振替することができます。

対して、LCCは就航便数が少なく、欠航時に後続便に振替できない可能性があります。


また振替できたとしてもかなり遅い時間の便しかなければ、その時間まで待たないといけません。

FSC・LCCどちらを選ぶ?

どちらを選んでもメリット・デメリットはあります。

個人的な意見ですが


・FSCを選んだほうがいい人

  • 家族連れの人
  • ビジネスマンの人
  • 飛行機に乗り慣れていない人


・LCCを選んだほうがいい人

  • 料金を抑えたい人
  • 急ぎの用事ではない人
  • 飛行機に乗り慣れている人
ハシ
ハシ

何度も言いますが、LCCは欠航した際のリスクがFSCより大きいです


そのため、どうしてもその日のうちに目的地に到着する必要がある用事はFSC、帰省で利用するときのように、そこまで急ぎではない用事はLCCという使い分けをするのもいいと思います!

まとめ

FSCとLCCについてご紹介しました。

LCCは安いから安全面が心配と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは大丈夫です。

どの航空会社も安全を第一に考えています。

LCCだから安全を疎かにしているわけではありませんので、皆さん安心して利用してください。