飛行機の条件付き運航とは【天候調査中】

運航知識

どーもハシです!

みなさん、飛行機に乗る際、自分の乗る便に【天候調査中】という表示が出てたことありませんか?

「欠航になったらどうしよう…」とかなりあせった経験がある人もいるのではないでしょうか。

天候調査の結果、欠航になることもありますが、条件付きで運航する場合もあります。

本日は飛行機の条件付き運航についてご紹介します。

【天候調査中】と出るのはどんなとき?

自分の乗る便の出発時間や到着時間に出発地・もしくは到着地に悪天候が予想される場合に、天候調査中になります。


台風・強風・霧・雷など悪天候のときに出ることが多いです。


METARやTAFの情報、空港のオペレーション担当者からの情報などを考慮して、飛行機が安全に着陸できるかを各航空会社のオペレーション部で検討します。

METAR・TAFに関してはこちらの記事をご覧ください。

>> パイロットが必ず見る!空港ピンポイントの天気予報


検討した結果、安全な運航ができないと判断した場合には欠航となります。

ハシ
ハシ

目的地空港に台風が直撃している状況で飛行機を飛ばしたとしても、到着できる見込みは少ないですよね


天候調査の結果、条件付き運航になる場合もあります。


>> 遅れや欠航の可能性!?雷が飛行機や空港ハンドリングに与える影響

>> 強風が飛行機や空港ハンドリングに与える影響

条件付き運航とは

条件付き運航とは

【目的地が悪天候などの理由で到着できない可能性がある場合に出発地へ引き返したり、他空港に着陸する可能性があるという条件のもと運航します】

という意味です。


目的地の羽田空港に霧が出ている場合は

「羽田空港霧の影響により、到着できない場合には成田空港に着陸する場合がございます」

というようなアナウンスがあります。


自分の乗る便が前情報なしで突然成田に着陸するのと、条件付き運航とわかった上で成田に着陸するのとでは後者のほうがいいですよね。


条件付き運航と分かっていれば、迎えに来ている人に事前に連絡できますし、出張の場合にも会社に事前連絡することができます。


私も学生の頃、条件付き運航になりめちゃくちゃあせったことがあります(笑)

ハシ
ハシ

無事、目的地に到着できたので良かったです(笑)

もし他空港に着陸したら?

先ほどの例で、目的地の羽田ではなく成田に到着したとして考えます。


成田に到着した後、お客様を乗せたまま羽田まで飛行機を再度飛ばす可能性は低いです。

その便は成田でお客様を降ろすことになると思います。


ただ、成田から羽田までの地上交通の費用は航空会社で負担します。


後日の精算もできますので、成田から羽田までの交通費の領収書は必ずもらっておきましょう。

※ANAやJALでは地上交通費の負担がありますが、LCCは航空会社によるところがありますので、LCCを利用する際には確認しておいたほうがいいです。

>> フルサービスキャリアとローコストキャリアの違い【FSCとLCC】

出発地に引き返したら?

出発地に引き返した場合には、基本、自社便への振替になります。

変更できない運賃で購入していても変更は可能です。

まとめ

自分が乗る便が条件付き運航になったら不安ですよね。

ただ、条件付き運航は特別めずらしいことではありません。

天気が悪い日にはけっこうあることです。

ハシ
ハシ

天気が悪い日は自分が乗る便の情報をこまめにチェックしましょう!