飛行機の座席は窓側・通路側どちらを選ぶべき?

運航知識

どーもハシです!

みなさんは飛行機を利用する際、座席は窓側・通路側どちらに座りますか?

窓側に座りたい人・通路側に座りたい人、それぞれ理由があると思います。

ハシ
ハシ

どうしても間席に座りたいという人は少ないですよね(笑)

本日は飛行機の窓側・通路側座席についてご紹介します。

窓側・通路側座席のメリット・デメリット

窓側・通路側どちらの座席もメリットとデメリットがあります。

まず、個人的に思う窓側・通路側座席のメリットについてご紹介します。


【窓側座席のメリット】

・窓から景色を楽しめる

ハシ
ハシ

窓側に座りたい人のほとんどがこの理由かと思います!


飛行機ってバスや電車などの他の交通機関よりも乗る機会が少ないですよね。

ほとんどの方が年に1~2回程度くらいかと思います。


せっかく飛行機に乗るなら窓側の座席に座って景色を楽しみたいと思うのは当然ですよね。

就航路線によりますが、晴れた日には富士山が見えますよ!

ハシ
ハシ

お客様から「富士山の見える窓側席空いてますか?」という質問、けっこう受けます!



・壁にもたれかかれる

窓から景色を楽しめるだけでなく、壁にもたれかかれるのも窓側座席のメリットだと思います。

窓からの景色を楽しむという方も多いですが、飛行機のなかでは寝たいという方も多いですよね。

窓側の座席はとなりが壁なので、壁にもたれかかって寝ることができます。

ハシ
ハシ

特に予約が満席のとき、壁にもたれかかれるのは大きいですよね(笑)



【通路側座席のメリット】

・お手洗いに行きやすい

通路側座席に座るメリットとしてお手洗いに行きやすいことが挙げられます。

窓側座席からお手洗いに行く場合、隣の乗客に一言断って行きますよね。

ハシ
ハシ

あの時って声かけるタイミング難しいですよね(笑)

通路側座席に座れば、誰に断ることなくお手洗いに行くことができますよ。



・到着後、スムーズに降りることができる

飛行機が到着してシートベルト着用サインが消えた後、乗客が一斉に降りる準備を始めますよね。

その際に、窓側座席よりも通路側座席に座っていたほうがスムーズに降りる準備をすることができます。


窓側座席に座っていると、通路側座席の人が収納棚から荷物を降ろして、動き出した後にやっと降りる準備に取りかかれます。

ただ、急ぎすぎて機内に忘れ物をしないように気を付けましょう。

到着したら確認を!機内によくある忘れ物



次に窓側・通路側座席のデメリットですが、もう紹介しているようなものですね(笑)

まとめると

【窓側のデメリット】

・お手洗いに行きづらい

・到着後、降りるまでに時間がかかる



【通路側のデメリット】

・景色を見ることができない

・すぐ横が通路のため、人の動きが気になる


このような感じです。

座席指定をする際の注意点

ここでは座席指定する際の注意点についてご紹介します。


・窓側はすぐに予約が埋まる

窓側・通路側を比較すると、窓側座席のほうが希望者が多いです。

そのため、窓側座席の予約はすぐに埋まってしまいます。

窓側座席に座りたい方は早めに座席指定を済ませましょう。



・翼近くの窓側席は景色が見づらい

当然ですが、翼近くの窓側座席は外の景色が見づらいです。

外の景色を楽しみたい方は前方か後方の翼から離れた窓側席を予約しましょう。

ハシ
ハシ

ただ、翼近くの窓側席もおもしろいですよ!


離陸や着陸時には、翼に付いている揚力を得るための装置や減速するための装置の動きを見ることができます。

飛行機好きの方はあえて翼近くの窓側席を予約する方もいます。

興味のある方はこちらの記事もぜひご覧ください。

速度に種類がある?飛行機の離陸について
飛行機が着陸後に減速するための装置



・そもそも窓がない窓側席がある

窓側席のなかには窓がない座席があります。

ハシ
ハシ

もはや窓側席ではないですね(笑)


厳密に言うと、窓からずれている窓側席です。

この席に座ったとしても窓からの景色を楽しむことはできませんので、ご注意ください。


自動機でチェックインする際に、このような窓がない席はマークがついています。

なので、チェックインの際に確認するようにしましょう!



・前方の席は人気がある

これは窓側・通路側どちらにも当てはまることです。

特に、ビジネスマンが前方の座席を希望することが多いです。

前方座席のほうが到着してはやく降りることができますので、仕事で急いでいるビジネスマンは前方座席を希望されます。

前方座席に座りたいという方は早めに座席指定を済ませておきましょう!

まとめ

窓側・通路側座席のメリットや座席指定時の注意点についてご紹介しました。

せっかく飛行機を利用するのであれば、快適に利用したいですよね。

航空券を予約する段階で事前に座席指定することができますので、座席指定は必ずしておきましょう。

ハシ
ハシ

当日に座席を変更することもできますので、ご安心ください!