飛行機に持ち込めない・空港で預けることができない手荷物

運航知識

どーもハシです!

みなさん、飛行機に乗る際に、検査場で引っかかった経験はありませんか?
飛行機には機内に持ち込めないもの・手荷物として預かれないものが多数あります。

本日は手荷物の制限品についてご紹介します。

危険性の種類

飛行機に持ち込めない・手荷物として預かれないということは、それぞれ飛行機の運航に対して、危険な影響を与える可能性があるということです。

輸送が禁止されているものについては、航空法で定められています。

①火薬類 

(例)クラッカー・発煙筒など

②高圧ガス

(例)酸素ボンベ・カセットコンロなど

③引火性液体

(例)灯油・ペンキなど

④可燃性物質

(例)マッチ・炭など

⑤酸化性物質類

(例)漂白剤・過酸化水素水など

⑥毒物類

(例)殺虫剤・消毒剤など


⑦放射性物質等


⑧腐食性物質

(例)液体バッテリー・蓄電池など

⑨その他の有害物質

(例)ドライアイス・リチウム電池など

⑩凶器

(例)ナイフ・バットなど


※危険品であっても、ある条件を満たしたら受託できるもの・受託は不可であるが、機内に持ち込みは可能なものなどがあります。

これも制限品?

次に、よく空港に持ち込まれる制限品についてご紹介します。


・花火

夏の時期、手荷物として預けようとされる方が多くいらっしゃいますが、花火は受託・持ち込みともに不可となります。

ハシ
ハシ

夏の帰省シーズンに本当に多いです!


・ライター

喫煙者は必ず持っているライター。ライターは1人1個は持ち込み可能・受託は不可となります。
※オイルライターの種類によっては、持ち込みできないものもあります。


・電子タバコ

近年、普及してきた電子タバコは持ち込み可能・受託不可です。


・はさみ

はさみは受託可能・持ち込みは不可となります。

ただし、先端がとがっていない、かつ刃体6cm以下のものなら持ち込みも可能です。
小さな眉毛カットのはさみ・裁縫セットのはさみは持ち込み可能です。

ハシ
ハシ

筆箱の中に入っていることがありますので気を付けましょう!


・お酒

お土産で多いお酒。お酒は受託・持ち込みともに可能です。
ただし、アルコール度数24%以上、70%以下のものは1人5リットルまでという制限があります。
アルコール度数が70%超えているものは受託・持ち込みともに不可となります。


・モバイルバッテリー

今回ご紹介したなかで、一番検査に引っかかるものがモバイルバッテリーです。
モバイルバッテリーはリチウム含有量・ワット制限などがありますが、基本持ち込み可能・受託不可です。

ハシ
ハシ

モバイルバッテリーは預ける手荷物の中には入れないようにしましょう!

まとめ

検査に引っかかると、手荷物の中を開けて確認しないといけません。
せっかく、パッキングしたのにめんどくさいですよね。

飛行機に乗る際には、預けれないもの・持ち込めないものにご注意ください!

また、空港の手荷物検査で確認されることについてこちらの記事にまとめてますので、ぜひご覧ください。

空港の手荷物検査で確認されること