飛行機の予約から搭乗手続きまでの流れ

運航知識

どーもハシです!

皆さん飛行機にはよく乗りますか?
出張でよく飛行機を利用するビジネスマンの方々を除けば、多くの方々は年に1~2回だと思います。

旅行や帰省で飛行機を利用する際、乗るまでの流れがわからないって方は意外と多いと思います。

私も航空業界で働いていなかったら、全くわからず乗り遅れていた自信があります(笑)

今日は飛行機を利用する際の予約から搭乗手続きまでの流れについてご紹介します。

予約

まず飛行機の予約をします。

航空会社のサイト・アプリ等で航空券の予約をします。

航空券は予約が早ければ早いほど支払金額が安くなります!

航空会社にもよりますが、飛行機に乗る日の2か月以上前に予約をすると、正規運賃の半額以下で乗ることができます!

※ただし割引が適用されている運賃の多くが便限定のため、旅行の日程が変わったなどで便変更する際は、取り消し手数料が取られますので要注意。

ハシ
ハシ

日程が確定したら早めに予約して決済まで完了させておきましょう!

搭乗手続き(CKI)

飛行機に乗る当日がやってきました!

空港へは国内線利用の場合、少なくとも出発の1時間前までには到着しておいたほうがいいです。

ハシ
ハシ

お土産を選んでいるだけでも、あっという間に時間が過ぎていきます!

空港に着いたら、まず自動機 or 航空会社カウンターで搭乗手続きを行ないましょう。

※予約の段階で決済完了しており、飛行機の座席指定も完了している方はそのまま手荷物預けカウンターへ、手荷物がない方はそのまま保安検査場に進むことができます。

空港での手続き必要なし!「スキップサービス」「タッチ&ゴーサービス」


搭乗手続き終了後は手荷物を預けて、保安検査場に進みます。

保安検査場へは少なくとも出発の30分前には向かいましょう。

搭乗口から機内に入るまで

搭乗手続きが終了し、保安検査場も通過した後は搭乗口へと進みます。

保安検査場を通過したら、自分が乗る飛行機が何番搭乗口なのか確認しましょう!


間違った搭乗口で待っていて、出発ぎりぎりに走ってくる人けっこういます(笑)
搭乗口はチケットや空港のモニターで確認することができます。

また、搭乗口は急遽変更になることもありますので、空港のアナウンスは注意して聞いておいてください!


飛行機の機内案内開始はだいたい出発時刻の15分~20分前のため、その時間までにお土産購入・お手洗いは済ませておきましょう。

案内開始のアナウンスが流れ始めたら、搭乗GATEへ向かいます。
その際、検査場でかざした媒体(チケット・スマホのQRコード・マイレージカードなど)を準備しておきましょう。

ハシ
ハシ

その媒体を搭乗GATEでかざして機内へ進みます

まとめ

飛行機に乗るまでの流れを簡単にご紹介しました。
特に気をつけることは以下の3点です。

  1. 国内線利用の場合、少なくとも出発の1時間前には空港に到着すること
  2. 国内線利用の場合、保安検査場は少なくとも出発の30分前には向かうこと
  3. 出発の15分~20分前には搭乗口に向かっていること

飛行機に乗る際には、これらのことに注意しましょう!