退職を決断できない人へ伝えたいこと【決断するための少しの行動】

転職・仕事

どーもハシです。

この記事を読んでいただいてる方は、退職を考えている方だと思います。

ハシ
ハシ

退職を決断するって勇気のいることですよね

「仕事は最低3年間は続けたほうがいいと言われてるから、それまで我慢したほうがいいかも」

「もしかしたら職場の環境が変わるかもしれないから、もうちょっと続けてみようかな」

などなど、色々な不安や考えが出てきて、なかなか退職を決断できないですよね。


本日は退職を決断できない人へ伝えたいことについてご紹介します。

退職を考えた要因


人によって退職を考えた理由って様々ですよね。

・給料に不満がある

・職場内の人間関係が良くない


・不規則な勤務がきつい


このようなネガティブな理由もあれば

・新しい仕事に挑戦したい

・キャリアアップしたい


このようなポジティブな理由もあります。

ハシ
ハシ

みなさんが退職したいと思った1番の理由は何でしょうか?


もし、退職を考えた1番の理由がネガティブなものであれば、早めに退職の決断をすることをお勧めします。


なぜなら、ネガティブな理由は


自分の力で変えることが難しいからです。


給料が安いことって自分の力で変えるのは難しいですよね。

ハシ
ハシ

私が実際に働いていた航空業界の仕事で考えてみます


グランドスタッフやグランドハンドリングスタッフなどの職種は過去記事でもご紹介していますが、給料が安いです。

>> グランドスタッフの給料は残念ながら安いです


会社の営業職であれば、自分が商品を売れば売るほどインセンティブで給料は上がりますよね。

営業職の人にとっては、給料の問題は自分の努力で解決できます。


対して、グランドスタッフは航空券を何枚売ったとしても、給料が上がることはありません。


グランドハンドリングスタッフも同じです。

お客様の手荷物を飛行機に10個積んでも100個積んでも、給料は変わりません。



職場内の人間関係にも言えることです。


苦手な上司がいる場合、その人の性格や考え方を変えるのって難しいですよね。

部下である自分が我慢することになります。


不規則な勤務もそういった職種に就いた以上、自分の力で変えることはできません。


このように、退職を考えた1番の理由がネガティブなものである場合、自分の力で変えるのが難しいことが多いです。

ハシ
ハシ

自分で変えることができないのであれば、悩んでいても仕方ないですよね


なので、退職の決断を早めにしたほうがいいと思います。

>> 【経験談】退職をなかなか切り出せない方へ



対して、新しい仕事がしたい・キャリアアップしたいという人は気持ち的には余裕がある人ですよね。


今の仕事が辛いわけでもなく、人間関係に悩んでいるわけでもありません。


会社によっては、部署異動で新しい仕事を経験できたり、仕事を頑張ることで大きなプロジェクトを任せられることもあると思います。


そうなれば、退職したいと思っていた理由がなくなるかもしれません。

ハシ
ハシ

なので、そこまで急いで退職を決断する必要はないと思います

退職を決断するために


「自分で変えることができないことで悩むのは確かにもったいない」

そんなことはわかっているけど、それでもなかなか退職の決断をできない人も多いと思います。

ハシ
ハシ

それだけ、退職の決断って大きなことですよね


退職するかどうか迷っている方にぜひやってみてほしいことについてご紹介します。



・誰かに相談する

信頼できる同僚や先輩、家族に相談してみましょう。

誰かに相談することで、気持ちが楽になります。

先輩に相談することで、職場環境が改善するかもしれません。

>> 転職を考えたとき誰に相談する?【様々な意見を聞くことが重要】



・本を読む

本を読むことはけっこうおすすめです。

本を読むことで、自分の考え方の幅が広がります。

ハシ
ハシ

私が退職前に実際に読んだ、背中を押してくれる本をご紹介します


まず、ご紹介するのは【チーズはどこへ消えた?】という本です。


2匹のネズミ「スニッフ」と「スカリー」と、2人の小人「ヘム」と「ホー」が迷路の中で、チーズを求めて行動する物語です。


チーズを手に入れるという目標に向かって、それぞれ違った個性を持つキャラクターが行動するという、とてもシンプルな物語ですが、かなり深い内容になっています。


この本に搭乗してくるキャラクターのなかで、自分は今、どのキャラクターに当てはまっているかを考えながら読むと、感じるものがあると思いますよ。


次にご紹介するのが【まんがで変わる! 仕事は楽しいかね?】です。


デザイナーを目指しながら、カフェでアルバイトしている女性が主人公です。


日々の仕事に不満はないが、自分の現状に不安や危機感を感じている主人公が、実業家の老人に出会うことで、前向きに仕事に取り組むようになるという物語です。


挑戦することの大切さをこの本から学ぶことができます。



・転職活動をはじめてみる

在職中に転職活動をはじめてみるのもいいと思います。

>> 【第一歩を踏み出しましょう】転職は若いうちが有利です

ハシ
ハシ

私も在職中から転職サイトに登録をして、常に求人をチェックしていました



実際に応募しなくても、転職サイトで求人を見るだけでも気持ちは少し変わります。


「こんな職種の仕事があるんだ」「この職種の給料はこれくらいなんだ」など、気づくことがあります。


転職サイトで求人を見ていくなかで、興味のある求人が見つかれば応募してみるのもありです。


面接を受けて違うと思えばお断りすればいいですし、「やっぱり今の仕事を続けたい」と思えるようになるかもしれません。



本格的に転職活動をしたい方は転職エージェントも利用してみましょう。


転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書などの提出書類の添削をしてくれたり、自分に合った求人を紹介してくれたりします。


転職サイトも転職エージェントも無料で利用できるので、複数登録して自分に合ったものを見つけるのもありですよ。

>> 【意外と簡単です】転職エージェントを利用するまでの流れ

・転職サイト
リクナビNEXT ※大手の転職サイトで安心して利用できます。

市場価値診断ならミイダス! ※自らの経験やスキルを入力するだけで自身の市場価値を知ることができます。

・転職エージェント
転職のリクルートエージェント / 転職支援実績 No.1 ※最大級の転職エージェントで求人数も豊富ですので、迷ったらここに登録しておきましょう。

転職ならdodaエージェントサービス ※こちらも大手の転職エージェントです。求人数が豊富で、かつ独自の求人も取り扱っています。

まとめ

退職はとても大きな決断です。

不安があるのも当然です。


一方で、退職すると様々な可能性が広がるという考え方もできます。

勉強して資格を取得するのもいいですし、読書をして知識を深めるのもいいです。


転職で自分に合った仕事を見つけて、今よりも前向きに仕事に取り組めるようになるかもしれません。


そう考えると、退職はネガティブなことではなくポジティブなことだと思うこともできますよね。

ハシ
ハシ

この記事が少しでもみなさんの参考になれば嬉しいです