退職するまでの流れ・準備すること【円満退社するために】

転職・仕事

どーもハシです!

退職の決断ってかなり勇気がいることですよね。

何度も何度も考えて決めたことだと思います。


ただ、退職を決断した後、実際にどんなことをすればいいかよくわからないという人、けっこういるのではないでしょうか?

「管理職にいきなり伝えたほうがいいのかな」「なにか準備しないといけないものはあるのか」と悩んでいる方もいるかもしれません。

ハシ
ハシ

退職するためにはしないといけないことがけっこうあります


本日は退職する決断をした方に向けて、私が退職するまでの流れや準備したことについてご紹介します。

退職する決断をした後にすること

まず、退職の決断をする前に

「なぜ、やめたいのか」を自分のなかでまとめておくことが大切です!



「他にしたい仕事がある」「もっと給料が欲しい」「現職の将来性を考えて」など、退職の決断をする理由は人それぞれです。


退職理由として「ここは譲れない」という自分の軸を決めておくことが大切です。



・直属の上司に退職する旨を伝える

退職の決断をしたらまず直属の上司に伝えましょう。


ここで重要なのが、いきなり部長や課長などの管理職に伝えるのではなく、直属の上司に先に伝えるということです。


いきなり管理職に伝えてしまうと、直属の上司が管理職から「部下を管理できてない」と思われてしまいます。
※ただ、直属の上司に問題があり言いづらい場合は、直接管理職に伝えるのもありだと思います。



直属の上司に退職することを伝えると、恐らく引き留められます。

その際に重要になるのが、この章の最初でご紹介した「なぜやめたいのか」を自分でまとめておくことです。


自分の辞めたい理由を上司にうまく伝えることができないと、強く引き留められます。

ハシ
ハシ

自分が上司の立場で部下から「特に理由はないけど辞めたいです」と言われたら、引き留めますよね(笑)



退職を決断した理由として「こういった仕事をしたいから辞めます」「海外で仕事をしたいので辞めます」というような明確な理由を伝えることができれば、上司もきっと納得してくれます。


また、後任の育成や引継ぎ等がありますので、決断したら早めに伝えたほうがいいです。



・管理職に伝える

退職したいことを直属の上司に伝えた後は、部長や課長といった管理職に伝えましょう。

直属の上司経由で管理職に伝わる場合もありますが、どちらにせよ管理職と直接話すことには変わりありません。



管理職と話す際にも、まず間違いなく引き留められると思います。

そこでも上司に伝えたときと同じように、退職したい明確な理由を伝えましょう。



ただ、場合によっては、給料アップや配置変更を提示して引き留められるかもしれません。

それで辞めたい要因が解消するのであれば残るのも一つの手ではあると思いますが、個人的にはあまりお勧めしません。


退職したいと伝えた後に残ったとしても、上司や管理職からは「またいつか退職したいと言い出すかもしれない」と思われてしまう可能性があります。

ハシ
ハシ

そのような環境で残って働き続けるのは個人的にはお勧めできないですね…


なので、退職の決断はしっかりと考えてしましょう。


退職をなかなか決断できない方はこちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

>> 退職を決断できない人へ伝えたいこと【決断するための少しの行動】

退職日が決まった後に準備するもの

・退職願

まず、準備するものは退職願です。

退職日が正式に決まったら、退職願を書いて提出しないといけません。

ハシ
ハシ

退職願の書き方なんてわからないですよね…


大丈夫です!

転職サイトに書き方の例がありますので、それを見ながら書けば問題ありません。


リクナビNEXTには退職願の書き方だけでなく、引継ぎの仕方なども載っていますので、登録しておいて損はないですよ!

転職活動でも使用しますので、転職を考えている方は登録しておきましょう。

リクナビNEXT



・引継ぎリスト

退職が正式に決まったら、自分が担当している業務の引継ぎの準備をしましょう。

引き継ぐ相手に言葉で伝えることも大切ですが、ワードやエクセルで引継ぎの内容をまとめておいたほうがいいです。

ハシ
ハシ

引継ぎされた側が後から見てもわかりやすいようにまとめましょう!



・退職時に渡すお礼の品

退職時に職場に渡すお礼の品を準備しておく必要があります。

お菓子を渡す人が多いですね。


各部署に準備するとなるとかなりの量になりますので、何をあげるかは早めに決めておいたほうがいいです。

もし、食べ物を渡すのであれば、賞味期限もちゃんと確認しておきましょう!

まとめ

いかがでしたか?

退職の準備って意外とすることが多くて大変です。


今、退職をするかどうか迷っているという方は多くいると思います。

航空業界で働いている方で、退職するかどうか迷っている方はこちらの記事をご覧ください。


>> 辞めるか迷っている人へ。グランドスタッフからの転職について

>> グランドハンドリングからの転職【離職率・辞めたあと】



私も退職を決断するまでかなり悩みました。

その時期は精神的にきつかったです。



ただ、退職を決断して上司に話した後はかなり気持ちが楽になりました。


覚悟が決まりました。

そのあと、退職願書いたり担当業務の引継ぎをしたりしましたが、退職日までの期間はあっという間に過ぎていきます。


個人的には

退職を決断して上司に伝えるのが一番大変で勇気がいることだと思います。


>> 【経験談】退職をなかなか切り出せない方へ


退職を決断する人もいれば、なかには色々考えたうえで現職を続ける決断をする人もいると思います。

どちらを選んだにせよ自分で決断したことですのでどちらも正しい決断です。

ハシ
ハシ

この記事を読んでくれた方が悔いのない決断ができることを願っています