空港で働きたい人必見!航空業界の職業 Part ①

空港で働く

みなさん「航空業界で働く人を想像してください」と言われたとき、どの職種を思い浮かべますか?

多くの人はパイロット・CA・整備士を思い浮かべると思います。
しかし、航空業界にはこれら以外にも多くの職種があります。

今回は航空業界の職種についてご紹介したいと思います!

グランドスタッフ

1つ目はグランドスタッフです。

みなさんが飛行機に乗る際に、空港で接する航空会社の制服を着ている係員がグランドスタッフです。
グランドスタッフの主な仕事内容をご紹介します。

  • 搭乗手続き(CKI)業務
  • お客様の手荷物受託業務
  • 搭乗口での業務

搭乗手続きはカウンターでお客様のチケットを発券したり、座席を指定したりする業務です。

ハシ
ハシ

自動機でCKIする方が増えたので利用する機会が少ないかもしれませんね


手荷物受託業務はその名の通り、お客様の手荷物を預かる業務です。

ハシ
ハシ

搭乗手続きのカウンターよりも利用する機会が多いと思います


搭乗口での業務は出発前に客室乗務員と担当する便の予約数やお手伝いが必要なお客様の情報などを共有し、お客様の機内案内開始時刻の調整、また搭乗口でお客様がチケットをかざす際のお手伝いなどをする業務です。

ハシ
ハシ

搭乗口でアナウンスを入れているグランドスタッフを見たことありますよね!

グランドスタッフはみなさんが空港を利用する際、一番接する職種です。

グランドスタッフの仕事内容【チェックインカウンター編】
グランドスタッフの仕事内容【搭乗口での業務編】
グランドスタッフの仕事内容【到着ロビー編】

グランドハンドリング

2つ目はグランドハンドリングです。

グランドハンドリングの主な仕事内容をご紹介します。

  • 手荷物・貨物の搭降載業務
  • 飛行機の誘導(マーシャリング)・飛行機の牽引(プッシュバック・トーイング)

手荷物・貨物の搭降載業務はお客様の手荷物や運送会社から受託した貨物を飛行機に搭載したり、到着した飛行機から手荷物や貨物を取り下ろして、到着ロビーの回転テーブルで返却したりする業務です。

ハシ
ハシ

グランドハンドリングと聞いて一番に思い浮かぶ仕事ではないでしょうか!


マーシャリング業務は着陸した飛行機を到着SPOTの停止位置まで誘導する業務です。

プッシュバック・トーイング業務は、飛行機をトーイングカーという車両を使い、押し出す業務です。

出発準備が整った飛行機を誘導路まで押し出すことをプッシュバック、プッシュバック以外で飛行機をトーインガーを使い移動させることをトーイングといいます。

飛行機は自動車と違い、バックで進むことができません(意外と知らない豆知識)

※厳密にいえばできますが、パイロットが後ろを見ることができないこと、燃費が悪いこと、非常に危険であることなどの理由で、まずすることはありません。

そのため、飛行機をトーイングカーを使い動かす必要があるのです。

志望者増加中!グランドハンドリングで活躍する女性【グラハン女子】
グランドハンドリングに向いている人の特徴とは?

貨物担当

3つ目は貨物担当です。

貨物担当の主な仕事内容をご紹介します。

  • 個人や運送業者から貨物を受託する業務
  • 貨物の搭載位置を決定する業務


貨物を受託する業務では貨物の内容・重量を確認してシステムに入力したり、搭載予定の危険品の情報を関連部署に伝達したりします。

ハシ
ハシ

貨物は危険品についての知識が必要とされる部署になります。


貨物の搭載位置を決定する業務は、受託した貨物の搭載位置を決定し、関連部署に伝達する業務です。

飛行機を運航するにあたって、重心位置は非常に重要となります。

飛行機の重心位置が極端に偏らないようバランスを見ながら、搭載位置を決定していきます。

貨物で決定した搭載位置の書類を見ながら、グランドハンドリングの係員が貨物を搭載しています。

ディスパッチャー(運航管理者)

最後はディスパッチャーです。

ディスパッチャーの主な仕事内容をご紹介します。

  • 気象状況やお客様の予約数・貨物の重量などの情報を取りまとめ、「フライトプラン」を作成する業務
  • 飛んでいる飛行機に揺れの情報や到着地の天候状況を伝え、運航の手助けする業務


フライトプランとは飛行機へ搭載する燃料・飛行予定の高度・目的地が悪天時に代わりに到着する代替空港などを取りまとめた飛行計画のことをいいます。

このフライトプランを作成し、機長と打ち合わせ(ブリーフィング)をして、双方が合意することで飛行機は運航することができます。

ハシ
ハシ

機長かディスパッチャーのどちらかが拒否した場合、飛行機の運航をすることができません


フライトプランを作成するには運航管理者の国家資格が必要になります。
そのため、ディスパッチャーには気象の知識や飛行機の仕組みなど幅広い知識が求められます。

ハシ
ハシ

飛んでいる飛行機に最新情報を伝えるのもディスパッチャーの重要な仕事です

飛行機とやり取りする方法は主に2種類挙げられます。

  • 無線を使う方法
  • ACARS(Aircraft Communication Addressing and Reporting System)を使う方法

ACARSとは航空機空地データ通信システムのことです。
FAX機能のようなものと解釈していただいていいと思います。

地上から送ったメッセージが飛行機のプリンターに印刷され、それをパイロットが見て情報を得ます。

ディスパッチャーとして働くためには
オペレーション業務の1日の流れ【オペレーション担当者・ディスパッチャー】

まとめ

航空業界には様々な仕事があります。

これから航空業界に就職・転職を考えている方、ぜひ参考にしてみてください!