【乗り慣れてない方向け】飛行機を利用する前に準備しておくこと

運航知識

どーもハシです!

飛行機を利用する際、空港での手続きって複雑な印象ありませんか?

飛行機に乗り慣れている方なら「簡単だよ」と思うかもしれません。

ただ、乗り慣れてない方からしたら、何を準備しておいたらいいかわからないですよね。

本日は、飛行機を普段利用しない方に向けて、飛行機を利用する前に準備しておくことについてご紹介します。

事前に座席指定をする

まず、お客様にしておいてほしいことは事前に座席指定をしておくことです。


特に、家族連れの方は必ず全員分の座席指定をしておきましょう。


>> 大型連休に飛行機を利用するときの注意点

こちらの記事にも書きましたが、夏休みや年末年始の帰省シーズンはほぼ全ての便が満席です。

事前に座席指定をしていないと、並びの席はまず取れないと思ってください。

ハシ
ハシ

窓側や通路側の席はすぐに埋まってしまいますよ!

搭乗手続きに必要なものを持っていく

事前の準備として搭乗手続きに必要なものはなにかを確認しておきましょう!

搭乗手続きに必要なものは

  • 二次元バーコード(eチケットお客様控え)
  • 確認番号
  • マイル登録されたマイレージカードまたはマイレージ番号
  • 支払い時に使用したクレジットカード


このなかのどれか一つあれば手続きができます。


また、搭乗手続きはぜひ自動チェックイン機を活用してください!

ハシ
ハシ

カウンターに並ばずに済みますし、自動機でもスムーズに手続きできます



自動チェックイン機での手続きって難しそうなイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません!

画面に表示される手順に沿っていけば簡単にできますよ。


また、マイル系クレジットカードを使用することでマイルも貯まりますし、搭乗手続きもスムーズに行なうことができますよ。

興味のある方はぜひ活用してみてください。


【初心者におすすめのマイル系クレジットカード】

・ANAのマイルを貯めたい方[ANA JCBカード]


・JALのマイルを貯めたい方[イオンJMBカード]

手荷物の重量を確認しておく

ANAとJALは国内線の場合、無料で預けることができる手荷物は1人20kgまでです。


よく、1個の荷物が20kgまでと勘違いされる方がいらっしゃいますが、荷物の総重量が1人20kgまでです。

なので、3人家族の場合は60kgまでは無料で荷物を預けることができます。

ハシ
ハシ

座席を購入していない幼児は人数には含まれませんので注意してください!



どの空港にもカウンター前に荷物を測る重量計があると思いますので、預ける前に測ってみてください。


または、手荷物カウンターの係員に「荷物の重さを測りたいです」と伝えると、カウンターでも測ることができます。


カウンターが空いている際にグランドスタッフに声を掛けてください!

乗継便の情報を伝える

ハシ
ハシ

これは事前の準備ではありませんが、スムーズな手続きのために必要なことです


乗継便がある方は手荷物を預ける際に係員に必ず伝えてください。


同じ予約であれば乗継便があることに気づくことができますが、予約が別になっている・他の航空会社の乗継がある場合には、係員は気づくことができません。


他の航空会社であっても手荷物はスルーで預かれる場合がありますので、航空会社が違う乗継便の場合でも必ず伝えるようにしましょう!

まとめ

いかかでしたか?

不安な点がある際には気軽に空港でグランドスタッフに尋ねてください!