大型連休に飛行機を利用するときの注意点

運航知識

どーもハシです!


みなさん、グランドスタッフが忙しくなる時期はいつだと思いますか?

空港を利用する人が多くなる時期を想像すると思いつくかもしれませんね!


グランドスタッフが忙しくなるのは、ゴールデンウィーク・夏休みシーズン・年末年始などの大型連休のときです!


大型連休は空港が大混雑するため、お客様も注意して行動しないといけないことがあります。

最悪の場合、飛行機に乗ることができなくなるかもしれません…


本日は大型連休に飛行機を利用する際の注意点をグランドスタッフ目線でご紹介します。

空港までのアクセスが混雑する

空港まで電車やバス、自家用車などで向かう方が多いと思います。


大型連休ではまず、空港までたどり着くのに時間がかかります。

ハシ
ハシ

特に、空港まで自家用車で行く方は注意が必要です!



空港までたどり着くのも時間がかかりますが、空港に到着してからも時間がかかります。


大型連休時は飛行機を利用する方だけでなく、到着した人を車で迎えに来る方も多数いらっしゃいます。


迎えに来る方の車で空港の出入り口がとても混雑し、駐車するのが遅れることで飛行機に乗り遅れるケースが多いです。

カウンター・保安検査場が混雑する

まず、手荷物を預けるカウンターが大混雑します。


旅行や帰省で飛行機を利用する方は荷物が多いため、ほとんどの方が手荷物カウンターに並びます。

ハシ
ハシ

みなさん、ご自身が旅行や帰省する際を想像してみてください


まず大きなキャリーケースを使用しますよね。

大きなものは機内に持ち込めませんので、預ける必要があります。



そして、ご家族や親戚・職場の同僚や友人にお土産を買うのではないでしょうか。

お土産を何個も機内に持ち込むことはできませんので、これも預けないといけません。

ハシ
ハシ

このように手荷物を預ける方が多いので、混雑します!


>> 飛行機に持ち込めない・空港で預けることができない手荷物



保安検査場も同じく混雑します。


旅行や帰省で飛行機を利用する方のなかには、飛行機に乗り慣れていないお客様も多くいらっしゃいます。


飛行機に乗り慣れている方は、機内に持ち込めないもの・検査に引っかかる金属類など熟知しているので、検査もスムーズに通過します。


対して、飛行機に乗り慣れていないお客様はなにが機内に持ち込めないのかわからない方が多く、検査に時間を要することがあります。

ハシ
ハシ

このことに加えて、大型連休時はシンプルにお客様が多いので検査場が混雑します


余裕を持って空港に到着すること、保安検査場は早めに通過して、搭乗口付近でゆっくり搭乗案内を待つということが大切です!

>> 空港での楽しい過ごし方【飛行機を利用しない人も楽しめます】


保安検査場通過が遅れた場合、飛行機に乗ることができなくなる可能性があります。

大型連休時に飛行機を利用する際は、余裕を持って行動しましょう!

座席指定を事前にしておく

飛行機の予約をする時点で、座席指定を済ませておきましょう


特に、お子様連れの方は並びの席で座席指定をしておいてください!


当日、座席指定をしようと思っても席が埋まって、できない可能性が高いです。

カウンターで依頼しようと思っても、混雑で時間を要します。

ハシ
ハシ

子供だけ遠い席になってしまったというケース本当に多いです


空港で慌てないためにも、事前の座席指定をしておきましょう。

>> 飛行機の座席は窓側・通路側どちらを選ぶべき?

まとめ

大型連休時は空港が混雑しており、手続きに時間を要します。

飛行機に乗り遅れてしまった場合、後続の便も満席のことが多いため、なかなか予約が取れません。

ハシ
ハシ

後悔しないためにも、時間に余裕を持って行動しましょう!