休日は?有給は取りやすい?グランドスタッフの勤務について

空港で働く

どーもハシです!

グランドスタッフを目指している方々にとって勤務形態は気になる部分ですよね。

希望休は取れるか・残業はあるのか・有給は取れるのかなど、様々な気になる点をご紹介したいと思います。

※航空会社・ハンドリング会社・勤務地によって違いがありますので、参考程度に見てください!

勤務形態

グランドスタッフの勤務形態は基本4勤2休のところが多いです。

ただ、地方空港は3勤1休を取り入れているところもあります。

ハシ
ハシ

4日勤務して2連休か、3日勤務して1日休みかということですね。


3勤1休を取り入れている空港では、たまに3勤2休になったり、4勤1休になったりすることで月間の休日数を調整しています。


勤務は早番・遅番のシフト制です。



勤務開始時間については働く空港によって差異があります。

24時間空いている空港もありますからね。



私がグランドスタッフをしていたときは、早番では6時過ぎには出勤していました。

6時過ぎに出勤して15時前に勤務終了みたいな感じですね!

ハシ
ハシ

早起きは慣れるまではきついです(笑)



特に、新人のグランドスタッフは早起きも仕事も慣れるまではかなりきついと思います…

仕事に慣れてくれば心に余裕ができてきますよ!

>> グランドスタッフは新人時代がきついです【2年目から慣れてきます】



残業時間に関しても、空港・航空会社によってかなり違うと思います。

悪天候の日でダイヤが乱れた日などに欠航処理で残業をすることがあります。



地方空港は人員不足のため、残業がシフトに組み込まれているところもあります。

恐らく、羽田や成田などの大規模な空港よりも地方空港のほうが残業は多いです…


>> 大規模空港と地方空港のグランドスタッフの違いは?

希望休・有給

希望休・有給は比較的取りやすいです。

ハシ
ハシ

シフト制の良いところですね!



平日働いて土日休みのサラリーマンの場合、自分にしかできない仕事がありますよね。

自分だけが担当しているお客様もいるので、平日に有給を使い休むということはハードルが高いことだと思います。


対して、グランドスタッフは毎日誰かがシフトに入れば問題ないため、希望休・有給が取得しやすい環境にあります。


また早番・遅番の希望を付けることもできてました。

飲み会がある日を早番にして、次の日を遅番や希望休にすることもできます。


早番の次の日を連休にして、仕事終わりに飛行機に乗って旅行に行く人もいましたよ!

給料

グランドスタッフの給料ははっきり言って、他職種と比較して低いほうです…


企業の営業職であれば、自分が商品を売れば売るほどインセンティブで給料はアップしますよね。


対して、グランドスタッフは航空券をたくさん売ったとしても給料には反映しません。

給料は残業代で変動するくらいです。


給料が低いのが不満で辞めていくグランドスタッフも多くいるのが現実です…

グランドスタッフが働きやすい環境づくりや待遇面での改善はどの空港でも共通の課題になっています。


>> グランドスタッフの離職率を改善するためにすべきこと

まとめ

グランドスタッフの勤務についてご紹介しました。


シフト制であり、希望休・有給が比較的取りやすく、プライベートを充実させたい人には向いている仕事だと思います。


待遇面に関しても、グランドスタッフの離職率の高さはどの空港でも取り組まないといけない課題になっているため、改善する可能性もあると思います。


また、これからグランドスタッフを目指す方の中には、進路で迷われている方もいるかと思います。

まずは、複数の専門学校や大学のパンフレットを見比べて、進路を検討しましょう。


専門学校や大学のパンフレットはこちらから請求できますので、興味ある学校のパンフレットを請求してみてください!

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求