仕事を辞めるのは逃げではありません!転職することが当たり前の時代です

転職・仕事

どーもハシです。

仕事を辞めたいけどなかなか踏み出せないという方は多いのではないでしょうか。


中には、仕事を辞めることを「逃げ」だと感じている方がいるかもしれません。

「同僚や後輩が頑張っているのに自分だけ逃げるわけにはいけない」と考えて、なかなか踏み出せない方もいることでしょう。


ただ、私が実際に仕事を辞めて思うことは、仕事を辞めることは逃げではないということです!

本日は仕事を辞めることを逃げだと感じている方に伝えたいことを紹介します。

ハシ
ハシ

仕事を辞めたいと考えている方はぜひご覧ください

仕事を辞めることが逃げだと言われる理由


仕事を辞めることを先輩や上司に相談したとき、「それは逃げではないか?」と引き留められた方がいるかもしれません。

なぜ、仕事を辞めることを逃げだと感じてしまうのでしょうか。


それは、日本の雇用形態が関係しているのだと思います。


日本では終身雇用制度での採用が長年当たり前とされてきました。

終身雇用制度とは、会社が正社員を定年までずっと雇用し続けるという制度です。

そのため、少し前までは新卒で入社した会社で定年まで働くというのが当たり前とされてきました。


一方で、現在は転職することが珍しくない時代です。

多くの方が転職を経験していますし、何度も転職する方もいます。


転職することに対して、若い世代の方々はそこまで抵抗感はないでしょう。

ただ、終身雇用制度が当たり前だった時代から社会人として働いてきた先輩や上司の中には、転職に対して抵抗感を持っている方がいます。

終身雇用制度が当たり前だったため、入社した会社の仕事が辛くても耐えながら働き続けてきた方も多いと思います。

そういった方々からすると、簡単に仕事を辞めようとする行為を逃げだと感じるのかもしれません。

ハシ
ハシ

働いてきた時代が違うので、考え方の違いがあって当然ですね

仕事を辞めることを逃げだと感じて無理に続けるのは良くない


仕事を辞めることを逃げだと思い、無理して続けることは良くありません!

ここでは、仕事を辞めたいのに無理して続けることで、起こってしまう可能性があることについて紹介します。

体調を崩してしまう

無理して仕事を続けていると体調を崩してしまう可能性があります。


不規則な勤務形態で働いている方は、肉体的にきつい部分もあるでしょう。

また、人間関係で悩んでいる方は精神的にきつい部分があると思います。

それらに加えて、仕事を辞める決断ができないストレス、決断したけどなかなか上司に言い出せないストレスなどがあります。


こういったものが積もっていくと体調を崩すことに繋がってしまいます。

転職するタイミングを逃してしまう

仕事を辞めることを逃げだと感じて、なかなか仕事を辞めることを決断できずにいると、転職するタイミングを逃してしまう可能性があります。

過去の記事で紹介していますが、転職は年齢が若い方のほうが有利です。

>> 【第一歩を踏み出しましょう】転職は若いうちが有利です


辞める決断が遅くなれば遅くなるほど、転職活動に不利になると言えるのです。

仕事を辞めることを逃げだと感じる必要はまったくない!


現在は少し前の時代とは違い、転職することが珍しくない時代です。

みなさんの周りにも転職経験者が多くいることでしょう。


また、さまざまな会社が積極的に中途採用を行っています。

会社側からしても、違った会社で働いた経験を持つ人は貴重な人材だと感じているものです。


つまり、転職は逃げではなく、ステップアップの機会だと言えるということです!

ハシ
ハシ

そのため、仕事を辞めることを逃げだと感じる必要はないです!

転職するメリット


ここでは、転職するメリットについて紹介します。

自分の価値を高められる

転職することで自分の価値を高められます。

たとえば、接客業に従事している方はお客様と毎日接するため、コミュニケーションスキルが身に付きます。

一方で、事務の仕事に従事している方は、ExcelやWord、タイピングなどのパソコンスキルが身に付きます。


言い方を変えれば、下記のような意味にも取れます

・接客業に従事している方は、事務の仕事に従事している方ほどのパソコンスキルは得られない

・事務の仕事に従事している方は、接客業に従事している方ほどのコミュニケーションスキルは得られない

同じ職場で同じ仕事を続けていると、身に付くスキルが限られてきます。


ただ、接客業の方が事務作業の仕事に転職することで、パソコンスキルを身に付けることができます。

そうなると、コミュニケーションスキルとパソコンスキル、2つのスキルを身に付けることになります。


自分が採用する側だったら、幅広い経験をしている方を採用したいと思うでしょう。

ハシ
ハシ

そのほうが自社に良い効果がありそうですよね!

このように、転職することで自分の価値を高められます。

自分に合った職種が見つかる

先ほど紹介した例で説明すると、接客業にずっと従事していた方は、当然事務の仕事を経験したことがありません。


接客業が日々楽しくて今の仕事に満足している場合は別ですが、接客業以外の仕事にも興味がある方にとっては、とてももったいないことではないかと思います。


もしかしたら、事務の仕事が合っているかもしれませんし、何かを制作するクリエイティブの仕事が合っているかもしれません。


転職することで、自分に合った職種を見つけられる可能性があるということです!


ただ、転職してその仕事が合わなかったらどうしようと考える方も多いでしょう。

その場合には、また転職すれば良いだけです。


「やっぱり自分には接客業が向いていた」と気づけるかもしれません!

当たり前だったことが当たり前ではないことに気づく

新卒で入社した会社でずっと働いていると、その会社のやり方・ルールが当たり前になってきます。

たとえば、有給の取りやすさ、残業時間などが挙げられるでしょう。


ただ、それぞれの会社でやり方やルールは異なります。

有給をすべて使用できる会社もあるでしょうし、有給が取りづらい会社もあるでしょう。

残業時間がほぼ0の会社もあれば、毎日残業する会社もあります。


ここで言いたいのは、今いる会社のやり方・ルールが、世間の当たり前ではない可能性があるということです。


転職することで、会社のやり方やルールが比較できるため、どこがおかしかったのかに気づくことができます。

仕事を辞めたいと感じたときには転職活動を始めてみよう


仕事を辞めたいと感じたら、まずは気軽に転職活動を始めてみましょう!


転職活動と言っても、まずは転職サイトに登録して、求人を見るだけでも良いと思います。

転職エージェントに登録してみて、転職の相談をするのも良いでしょう!


まず大切なのが、1歩を踏み出してみるということです!


転職サイトに登録して求人をのぞいてみるだけでも、心に少し余裕ができると思います。

転職サイト・転職エージェントは無料で利用できますので、気軽に利用してみてください!

【おすすめの転職サイト】

リクナビNEXT ※転職活動の第一歩として登録しておくべき転職サイトです。大手で求人数が豊富です。

ミイダス ※自らの経験やスキルを入力するだけで自身の市場価値を気軽に知ることができます。

【おすすめの転職エージェント】

リクルートエージェント ※転職支援実績No.1の転職エージェントです。どの転職エージェントを使うか迷っている方はまずここに登録しておけば間違いありません。

dodaエージェントサービス ※こちらも大手の転職エージェントです。求人数が豊富で独自の求人も多くあるため、登録して確認してみることをおすすめします。

マイナビジョブ20’s ※こちらは20代に特化した転職エージェントです。20代・第二新卒の転職事情を熟知しています。

まとめ

転職することはめずらしいことではありません。

多くの方が転職を経験しています。

まずは、自分がどんな仕事に興味があるのか、将来どんなふうになりたいのかをしっかり考えることが大切です。

ハシ
ハシ

この記事が少しでも参考になれば幸いです