グランドハンドリングに向いている人の特徴とは?

空港で働く

どーもハシです!

グランドスタッフやオペレーション担当としてグランドハンドリングスタッフと一緒に働いてきました。


グランドハンドリングを志望する方にとって

「どんな人がグランドハンドリングに向いているのか」

「グランドハンドリングは自分の性格に合っているか」

気になる点だと思います。


本日は、私が一緒に働いて感じたグランドハンドリングに向いている人の特徴についてご紹介します。

体を動かすことが好き

グランドハンドリングは常に屋外での仕事です。


お客様の手荷物や貨物を運び搭載する業務、着陸した飛行機を駐機場に誘導するマーシャリング業務など、常に屋外で体を動かしています。


「デスクワークはしたくない」「体を動かす仕事がしたい」という方はグランドハンドリングに向いていると思います。

ハシ
ハシ

最近ではグランドハンドリングを志望する女性が増えてきています!


>> 志望者増加中!グランドハンドリングで活躍する女性【グラハン女子】

慎重な性格

ジェット機にお客様の手荷物や貨物を搭載する際はコンテナに入れて搭載します。

グランドハンドリングの仕事ではコンテナを貨物室内に搭載する際、コンテナが動かないようにロックをかけます。

ハシ
ハシ

なぜロックをかけるか知っていますか?


それは飛行機の重心位置が関係しています。



飛行機は重心位置をある一定の範囲内に収めていないと出発することができません。

そのために、オペレーション担当者が貨物の搭載位置やチェックインの座席を確認して、重心位置の管理をしています。


では、コンテナのロックをかけなかった場合、どうなるでしょうか?


ロックをかけていない場合、飛行機が離陸するときに傾いた瞬間、コンテナが動いてしまいますよね。

そうなると飛行機の重心位置が大きく変わってしまいます。


飛行機の重心位置が変わるということはとても危険なことなんです!


最悪の場合、事故につながります。

ハシ
ハシ

なので、コンテナのロックは確実にしないといけないんです!



コンテナを貨物室内に固定するために、1つのコンテナに対して複数のロックをかけます。

グランドハンドリングスタッフは全てのコンテナに対してロックがかかっているかを確認する必要があります。


そういった面でも慎重な性格の人がグランドハンドリングに向いていると思います。

コミュニケーション能力が高い

グランドハンドリングの仕事では、コミュニケーション能力はそこまで関係ないと思っている方もいるかもしれません。


それは間違いです!

グランドハンドリングの仕事をする上で、コミュニケーション能力はとても重要です!



グランドハンドリングスタッフはお客様の手荷物や貨物を搭載するとき、複数人で行ないます。


ダブルチェックをすることで、搭載間違いを防ぐためです。



そのなかでも搭載責任者・搭載する人・搬送する人というようにひとりひとり役割があります。


搭載責任者が手荷物や貨物の搭載位置を間違えそうになった際には、他の係員が指摘する。

搭載責任者は他の係員が指摘しやすいような環境をつくる。

ハシ
ハシ

このようにスタッフ同士がコミュニケーションを取り、搭載間違いを防止しています

まとめ

グランドハンドリングは直接お客様と接する機会が少ない職種です。

そのため、どのような人が働いているか、なかなかイメージできないと思います。


グランドハンドリングは専門性が高い職種に見えますが、必ずしも専門学校に通う必要はありません。


未経験でもチャレンジできる職種です。

専門知識に関しても入社後に教育があるので心配なしです。


詳細は、大卒でもグランドハンドリングの仕事はできますでご紹介してますので、ご覧ください。



もちろん、航空業界で働きたいと強く思っている方は専門学校に行くことで航空業界への就職に近づきます!


グランドハンドリングについて学べる学校もありますよ。

専門学校のパンフレットはこちらから請求できますので、興味ある学校を探してみてください!

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求



もちろん、本日ご紹介した特徴・性格に当てはまらないグランドハンドリングスタッフもたくさんいます。

ハシ
ハシ

あくまで個人的な意見ですので(笑)