グランドスタッフは精神的にきつい職業です【ストレスで体調を崩す人も】

空港で働く

どーもハシです。

グランドスタッフは精神的にきつい職業です。

そういった厳しい環境で働き続けたことで、精神的に限界がきてしまい、体調を崩すグランドスタッフもいます。

そのことが原因で休職・退職するスタッフはけっこういるんです…

本日はグランドスタッフのどのような点が精神的にきついのかについてご紹介します。

覚えることが多い

グランドスタッフとして入社後は航空業界の専門用語や接客マナーなどを学びます。

座学で基本的なことを学んだ後、OJTで実際の仕事の流れを覚えていきます。

>>グランドスタッフの訓練から独り立ちするまでの流れ



特に、グランドスタッフ1年目は覚えることが多く、本当に大変です。

OJT期間はうまく接客できなかったり、ミスしてしまったりで精神的にきつくなります。

ハシ
ハシ

私もOJT期間は精神的にきつく、かなり落ち込みました


新人グランドスタッフのきつさについては、グランドスタッフは新人時代がきついです【2年目から慣れてきます】でご紹介していますので、ご覧ください。

人間関係

職場の人間関係に悩み、精神的にきつくなってしまうグランドスタッフもいます。


グランドスタッフは女性の比率が圧倒的に多い、女性社会の職場です。

それに馴染めないスタッフはけっこういます。


また、グランドスタッフの業務は少人数で動くことが多く、それがきついという人もいます。

特に、搭乗口での業務では2~3人で行動しますので、苦手な先輩とずっと一緒になるというパターンもあるんです…(笑)

お客様からのクレーム

グランドスタッフはお客様からクレームを受けることがあります。


特に、飛行機が遅延したときや欠航になったときにクレームを受けることが多いです。


カウンターで大声で怒鳴られることは日常茶飯事です。

ハシ
ハシ

飛行機が遅延・欠航するのはグランドスタッフのせいではないんですけどね…


お客様に大声で怒鳴られて、事務所で泣いているグランドスタッフをたくさん見てきました。


飛行機が遅延・欠航してイライラする気持ちもわかりますが、グランドスタッフに当たるのはやめていただきたいなと思います。

グランドスタッフに当たっても遅延・欠航の事実は変わりません!


また、飛行機が遅延・欠航することはけっこうあることですので、飛行機を利用する時には余裕を持った便を予約するようにしましょう。

不規則な勤務形態

グランドスタッフは早番では日の出前に出勤、遅番では夜遅くまで仕事をします。

このような不規則な勤務を続けると、肉体的にも精神的にもきつくなってきます。


加えて、グランドスタッフは体力仕事です。

カウンターでは立ちっぱなしですし、搭乗口から搭乗口まで走ってお客様を捜索することもあります。


仕事でのストレスをプライベートでリフレッシュすることが大切ですが、グランドスタッフはシフト制で土日も働くので、友人と予定もなかなか合わないんです…


このようなことが続くことで、肉体的にも精神的にも限界がきてしまい、体調を崩してしまうことがあるんです。


関連記事:グランドスタッフの離職率を改善するためにすべきこと

まとめ

これからグランドスタッフを目指す方にとっては、悩ませてしまう内容だったかもしれません。

ただ、本日ご紹介したことは事実です。

グランドスタッフにはこのようなきつい面があるということを事前に知っておくのと、入社してから知るのとでは大きな違いがあると思います。



また、現職のグランドスタッフで悩んでいる方もいると思います。

退職・転職を考えている方は、こちらの記事をご覧ください。


>>退職を決断できない人へ伝えたいこと【決断するための少しの行動】

>> 辞めるか迷っている人へ。グランドスタッフからの転職について