グランドスタッフの仕事内容【チェックインカウンター編】

空港で働く

どーもハシです!

グランドスタッフの主な仕事内容は

  • チェックインカウンターでの手続き
  • 手荷物受託
  • 搭乗口業務

です。


なかでも、チェックインカウンターでの業務はグランドスタッフとしての基本の業務です。

本日はチェックインカウンターでの仕事内容についてご紹介します。

予約・航空券発券

チェックインカウンターで航空券の予約・発券を行ないます。


ただ、今はお客様のほとんどがご自身でネットで予約・発券までしていますね。

カウンターで予約する方はほとんどいません。


ただ、当日急遽飛行機に乗ることになった方はカウンターで予約・発券することがあります。

今は自動チェックイン機でも航空券を購入することができます。

ハシ
ハシ

便利な時代ですよね!

座席指定・変更

予約・発券まではしてるが、座席指定をしていなかったお客様には座席指定をします。


これも自動機でできるので、カウンターに来る方は少ないです。

ただ、「小さい子供がいるため、並びの席に座りたい」「到着後、急ぎの用があるのでできるだけ前の席に変更したい」などの要望をするお客様はカウンターにいらっしゃいますね。

>> 飛行機の座席は窓側・通路側どちらを選ぶべき?

空席待ちの手続き

「仕事が予定よりも早めに終わったから予約している便より早い便に変更したい」

「追加料金がかかってもいいので、早い便に変更したい」

このように考えるお客様もいますよね。


航空券には予約便を変更できる運賃と変更できない運賃があります。

ハシ
ハシ

航空券は早めに予約・決済すれば安く購入できますよね


【搭乗日の当日に予約・決済した場合】と【搭乗日の2か月前に予約・決済した場合】では、2か月前に予約・決済したほうが安く購入することができます。


このように事前の割引で購入した運賃は基本、便を変更することはできません。


このような方が早い便に空席待ちして変更する場合には、追加料金が必要になります。
※空席待ちすることは無料です。実際に空席が出て、変更する際に追加料金が必要です。


対して、当日の運賃で購入している方は追加料金なしで便を変更することができます。


このような方は早い便に座席の空きがあれば変更できます。

この空席待ちも今では自動機でするのが主流になっています。

差額調整

航空券は時期によって値段が変動しますよね。


帰省シーズンや年末年始は航空券の値段が高いです。


【ピーク時の運賃で予約・決済した便】を通常の時期の便に変更した場合、差額の返金がありますよね。


このように差額調整が必要なお客様の手続きをカウンターで行ないます。


グランドスタッフとして独り立ちしたばかりの頃は、この差額調整に苦戦すると思います(笑)

ハシ
ハシ

けっこう計算が複雑なんです


差額調整が完ぺきに理解できるようになれば、一人前と言えるかもしれません(笑)

まとめ

グランドスタッフのチェックインカウンターでの仕事内容についてご紹介しました。

特に、チェックインカウンターではお金を扱う仕事が多いので、正確に仕事をすることが求められます。

差額調整などは運賃の仕組みを理解する必要がありますので、今、訓練を受けてるグランドスタッフの方はしっかり勉強しましょう!