グランドスタッフに英語の資格は重要ではない【必要なのは英会話力】

空港で働く

どーもハシです!

世の中には様々な職業がありますよね。

数多くある職業の中から自分がなりたい職業を見つけ、希望している職業に就くために勉強をします。

弁護士を目指す人は「法律」、俳優を目指す人は「演技」などですね。


では、グランドスタッフになるためには何を勉強すればいいでしょうか。


グランドスタッフを目指している人に「グランドスタッフになるために勉強していることは何ですか?」と質問したとしたら、多くの人が「英語」と答えると思います。

ハシ
ハシ

確かにグランドスタッフの仕事では英語を使用する機会が多くあります


グランドスタッフを目指している人のなかには、英検やTOEICの勉強をしている人も多くいると思います。


ただ、グランドスタッフにとって英語の資格はそこまで重要ではありません。

重要なのは「英会話力」を高めることです!


本日はグランドスタッフと英語についてご紹介します。

グランドスタッフが英語を使用する場面

グランドスタッフが仕事で英語を使用する場面はいくつかあります。


①外国人のお客様に接客する

当然ですが、飛行機を利用するのは日本人だけではありません。

国際線のグランドスタッフはもちろん、国内線のグランドスタッフであっても外国人のお客様に接客する機会はあります。



②国際線のハンドリング

国際線のハンドリング時には英語でコミュニケーションを取る機会が増えます。

なかでも、海外の航空会社のハンドリングをするときは、パイロットやCAも外国人のことが多いです。

特に、CAとグランドスタッフはお客様の引継ぎ情報をやり取りするので、そのときに英語が必要になることが多いですよ。



③アナウンス

空港を利用したとき、日本語のアナウンスに続けて英語のアナウンスが入れられているのを聞いたことあると思います。

グランドスタッフは英語でアナウンスを入れることがあります。

ただ、この英語のアナウンスは例文があるので、覚えれば誰でも入れることができます。


ただ、英語って発音が大事ですよね。

例文は覚えればいいですが、発音に関しては個人で勉強しておくことが大切です。

英語ができるとグランドスタッフの採用に有利になる?

グランドスタッフを目指している人にとって、気になる点ですよね。


結論から言うと、採用に有利にはなります。

英検2級以上、TOEIC600点以上が評価される基準になっていますね。


もちろん、英検1級やTOEIC900点以上のように飛び抜けている資格の場合には、かなり有利になります。

ただ、英検2級・TOEIC600点であれば、そんなに有利にはならないと思いますね…


もちろん、ないよりあるに越したことはないので、英検やTOEICの資格取得のために勉強することは大事です。

グランドスタッフにとって必要なのは「英会話力」

初めにご紹介しましたが、グランドスタッフにとって英語の資格はそこまで重要ではありません。


グランドスタッフに必要なのは「英会話力」です。


いくら英検やTOEICなどの英語に関する資格を持っていたとしても、実際に外国人のお客様とコミュニケーションを取れないと意味がありません。

ハシ
ハシ

採用する面接官の立場になって考えてみてください!


「英検の資格を持っています」とアピールする志望者と「英語で外国人とコミュニケーション取れます」とアピールする志望者、どちらを採用したいと思いますか?

後者の志望者を採用したいですよね。


これからグランドスタッフを目指す人、現職のグランドスタッフの人は「英会話力」を高めることをおすすめします。

グランドスタッフに必要な「英会話力」を高める勉強法

英会話力を高めることができるサービスを2つご紹介します。


1つ目のサービスは

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)です。


ドラマ仕立てのストーリーにそって楽しく英会話力を高めることができます。

またスマホで気軽に勉強することができるので、すき間時間を利用して英語を学ぶことができます。



2つ目にご紹介するサービスが

ネイティブキャンプです。


ネイティブキャンプはスマホやパソコンを使用して、いつでもどこでも英会話レッスンを受講できるオンライン英会話スクールです。

24時間365日いつでも好きな時間に講師のレッスンを受けることができます。


どちらも無料体験がありますので、興味ある人は利用してみてください。(2020年8月現在)

まとめ

英会話力が高いグランドスタッフは現場で重宝されます。

グランドスタッフを目指している人、現職のグランドスタッフの人はぜひ英会話力を高めてください!