グランドスタッフになるためには文系理系どちらが有利?

空港で働く

どーもハシです!

グランドスタッフを目指している方にとって、文系理系どちらが有利かは気になる点ですよね。

本日は、グランドスタッフを目指している方に向けて、グランドスタッフになるためには文系理系どちらが有利かについてご紹介します。

文系・理系どちらを選ぶべき?


グランドスタッフになりたいと思っている学生の方で文理選択をどちらにするか迷っている人へ


結論から言うと

文系・理系どちらでも問題なし

ただ、どちらが有利か選ぶとすれば文系

です。


文系でも理系でもグランドスタッフになることはできます!



ただ、グランドスタッフとして働いている人は文系の人が多いです。

なぜなら、グランドスタッフを目指す人が勉強すべきなのは英語だからです。



当たり前ですが、グランドスタッフの職場は空港です。

こちらも当たり前ですが、空港は日本人のお客様だけでなく、外国人のお客様も利用しますよね。

ハシ
ハシ

なので、空港で働くグランドスタッフには英語力が必要です



英語って理系でも勉強しますが、文系のほうがより重点的に勉強しますよね。

実際にグランドスタッフとして働いている人は英語の専門学校を卒業した人や大学で英語を専攻した人が多いです。

>> グランドスタッフに英語の資格は重要ではない【必要なのは英会話力】

理系の知識を活かせる場面もある


グランドスタッフの業務では英語を使用するため、文系出身者が多いということはわかっていただけたかと思います。

ハシ
ハシ

ただ、理系の知識を活かせる場面もあります!


・計算力

理系では数学を重点的に勉強しますよね。

計算力はグランドスタッフの業務で活かすことができます。


グランドスタッフはカウンターでチケットの発券をしますが、その金額を頭の中でパッと計算できるとスムーズにカウンター業務を行なうことができます。


特に、チケットの差額調整や一部旅程の払戻しなどのように、複雑な計算が必要になるときに頭の中でパッと計算できることは強みになりますよ!



・気象学や工学・物理学の知識

理系では気象学や工学・物理学などを学びますよね。

これらの知識はグランドスタッフの業務ではなかなか活かせる機会は少ないです。

ただ、ディスパッチャーなどのオペレーションに関わる仕事ではこれらの知識が必要になります。

>> ディスパッチャーとして働くためには


オペレーションの訓練では天気図の見方や高気圧・低気圧についてなど、気象に関わることを学びます。

また、飛行機はなぜ飛ぶことができるのかを工学的側面、物理学的側面から学びます。



なので、オペレーションの仕事に関しては理系のほうが有利だと思います。


こちらの記事でご紹介しましたが、グランドスタッフからオペレーション部へ異動することもあります。

>> グランドスタッフのキャリアプラン

ハシ
ハシ

もちろん、しっかりした訓練制度がありますので、文系の人でもオペレーションの仕事をすることはできますよ!

まとめ

グランドスタッフを目指している学生のなかには、文理選択に迷っている人もいるかと思います。


グランドスタッフはご紹介したように英語を勉強しておいたほうがいいので、文系出身者が多いです。

ただ、理系でもグランドスタッフにはなれますので、個人的には自分が興味のあるほうを選べばいいと思います。

ハシ
ハシ

理系でも英語は勉強しますからね!


また、グランドスタッフを目指している学生にとって、進路を専門学校・大学どちらにするかも文理選択に大きな影響を与えます。


様々な学校を自分で調べることが大切です。


専門学校や大学のパンフレットはこちらから請求できますので、興味ある学校のパンフレットを請求してみてください!

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求


中途採用でグランドスタッフを目指す方はこちらの記事をぜひご覧ください。

>> 中途採用でグランドスタッフを目指す人へ【未経験でも全く問題なし】