グランドスタッフが無線を使うのはどんなとき?

空港で働く

どーもハシです!

グランドスタッフの仕事では無線機を使用します。

ハシ
ハシ

空港で無線機を使用しているグランドスタッフを見たことある人もいるかと思います


パイロットや管制官が無線でやり取りするイメージはありますよね。

無線のやり取りをすることで、飛行機は安全に離陸・着陸することができます。


対して、グランドスタッフがどんなときに無線でやり取りするのか、イメージできる人は少ないと思います。

本日は、グランドスタッフがどのようなときに無線を使用するのかについてご紹介します。

団体のお客様の荷物を預かるとき


修学旅行やスポーツチームなど、大人数の団体の手荷物を預かるときにグランドスタッフは無線を使用します。

グランドスタッフは無線で「今から〇〇団体の手荷物受託を開始します」と各部署へと伝えます。

ハシ
ハシ

なぜ、団体のお客様の手荷物を預かるときにわざわざ言うのか疑問ですよね


それは

グランドハンドリングスタッフが多くの手荷物を預かる準備をするからです。


グランドスタッフがカウンターで預かった手荷物はベルトコンベアに載せられて、グランドハンドリングスタッフが待機している場所へと運ばれます。

グランドハンドリングスタッフは流れてきた手荷物をコンテナに搭載して、飛行機へと運んでいます。



通常、手荷物を預かるときにグランドスタッフはわざわざ無線で「今から流します」とは伝えません。


ただ、団体のお客様って人数が多いですよね。

修学旅行の団体であれば、生徒だけで200~300名近くいます。


しかも、修学旅行なので全ての生徒が手荷物を少なくとも1個以上は預けますよね。

300個以上の手荷物がなんの情報もなく、グランドハンドリングスタッフのもとへ、いきなり流れたらどうなるでしょうか?

ハシ
ハシ

グランドハンドリングスタッフは対応できないですよね


300個以上の手荷物を搭載するためにはコンテナも複数必要です。


このように、グランドハンドリングスタッフが多くの手荷物を搭載する準備をするために、グランドスタッフは無線で伝える必要があるんです。

グランドハンドリングの大変さをご紹介

お客様を捜索するとき


飛行機を利用するとき、グランドスタッフが大声でお客様を捜索している様子を見たことある人もいるかと思います。


「〇〇便ご利用の△△様いらっしゃいませんか~」


これですね(笑)

なかには、呼び出された経験がある人もいるかもしれません(笑)


グランドスタッフは2~3人で搭乗口業務を行ないます。


1人が専用端末を使用して、どのお客様がNO-SHOWになっているかを調べます。

その情報を捜索担当のグランドスタッフへ無線で伝えることで、効率よくお客様を捜索することができているんです。

ハシ
ハシ

チームプレーですね!


無線では専門用語がよく使われますので、新人グランドスタッフはしっかり勉強しておきましょう!

グランドスタッフがよく使う専門用語

忘れ物の捜索を依頼するとき


手荷物をカウンターで預けた後、到着地の回転テーブルで受け取りますよね。


回転テーブルで手荷物を待っているときに

「あ、機内に財布忘れた」

と気づいたとしたら、みなさんどうしますか?


飛行機をよく利用する人はご存じかと思いますが、保安の関係上、到着ロビーから機内へと戻ることはできません。

なので、到着ロビーにいるグランドスタッフに財布を機内に忘れたことを伝えると思います。


お客様から忘れ物の申告を受けたグランドスタッフは、搭乗口にいるグランドスタッフへ無線で忘れ物の捜索を依頼します。

ハシ
ハシ

そのほうが効率いいですし、迅速に捜索することができますよね!


まずは機内に忘れ物をしないよう飛行機を降りる前に忘れ物がないか、しっかりお客様自身で確認してくださいね(笑)

到着したら確認を!機内によくある忘れ物

まとめ

無線って聞くと、なんだか難しそうに感じますが全然そんなことありません。

ただ、新人グランドスタッフは初めは緊張すると思います。

元グランドスタッフ・元オペレーション担当者として偉そうにアドバイスするとしたら

・無線で発信する前になにを言うかまとめておくこと

・無線は簡潔にわかりやすく伝えること

ハシ
ハシ

この2点を意識してみてください!