グランドスタッフが使う「あんちょこ」ってなに?

空港で働く

どーもハシです!

みなさん、「あんちょこ」って何か知っていますか?

恐らく、知らない方がほとんどだと思います。

ハシ
ハシ

普段、生活をしていて聞くことのない言葉ですよね(笑)


ただ、この謎の単語「あんちょこ」ですが、グランドスタッフ経験者に知っているか聞くと、恐らくほぼ100%の人が「知っている」と答えます。

それだけ、あんちょこはグランドスタッフにとって身近なものであり、かかせないものなんです!

本日はグランドスタッフが使う「あんちょこ」についてご紹介します。

「あんちょこ」ってなに?


あんちょことは簡単に言うと


【自分でまとめたノート】


のことです。


学生の人は授業中に先生が黒板に書いたことをノートにまとめますよね。

自宅で復習するときや試験勉強のときには、そのノートを見て勉強すると思います。


自分で見やすいようにまとめたノートのことをグランドスタッフは「あんちょこ」と呼んでいるんです。



グランドスタッフとして入社後はまず、座学でチェックインの仕方や航空業界の専門用語を学びます。

ハシ
ハシ

座学で使用するテキストってめちゃくちゃ分厚いんですよ(笑)


それくらいグランドスタッフは覚えることが多いんです。


>> 航空業界の専門用語

>> グランドスタッフがよく使う専門用語



訓練・OJTを経て、グランドスタッフとして1人でシフトに入るようになりますが、この段階ではまだまだ覚えていないことがたくさんあります。


では、仕事中にわからないことがあったときに分厚いテキストで確認していると、どうなるでしょう。


まず、持ち歩くのにめちゃくちゃ不便ですよね(笑)

そして、どこになにが書いてあるのか探すのに時間がかかってしまいます。

ハシ
ハシ

このようにならないためにグランドスタッフはあんちょこを作る必要があるんです


>> グランドスタッフの訓練から独り立ちするまでの流れ

どのようにあんちょこをつくる?


あんちょこを作るときに大切なことは

・簡潔にわかりやすくまとめること

・付箋を使用して、どこになにが書いてあるのかすぐにわかるようにすること


です。


まず、あんちょこは自分専用のノートです。

他のスタッフが使うものではないので、自分が見てわかればそれでOKです。

なので、自分がわかりやすいように作りましょう。


そして、簡潔にまとめることも大切です。

そもそも、あんちょこは分厚いテキストの代わりに作るものです。

ハシ
ハシ

それなのに、あんちょこにテキストの内容全てを書き込んでしまい、見づらくなってしまうのは本末転倒ですよね(笑)



ただ、簡潔にまとめたとしてもそれでもけっこうなページ数になると思います。


接客中にわからないことがあったときにはあんちょこで確認しますが、その間はお客様を待たせることになります。

お客様を長時間待たせないためにも、付箋を使用してどこになにが書いてあるかをわかりやすくしておくことが大切です。

おすすめのあんちょこの作り方


あんちょこの作り方で悩んだときには、先輩のあんちょこを見せてもらいましょう。

何人かの先輩のあんちょこを見せてもらい、わかりやすいと思った先輩のあんちょこを参考にしましょう。


また、個人的には

・ルーズリーフにまとめること

・小さめの用紙を選ぶこと


をおすすめします。


まず、なぜルーズリーフが良いかと言うと、情報を追加しやすいからです。


例えば、飛行機の運賃って色々な種類がありますよね。

片道運賃や往復運賃、学割運賃などです。


このように様々な種類がありますが、結構な頻度で新しい種類の運賃が追加されます。

その度にグランドスタッフは勉強しています。

ハシ
ハシ

このようなときに、ルーズリーフであれば簡単にページを追加することができます



また、小さめの用紙をすすめるのは、あんちょこのサイズがコンパクトになるからです。

あんちょこは常に持ち運びをするものですので、なるべくコンパクトにしておきましょう。

まとめ

あんちょこは特に新人グランドスタッフにとっては必需品です。

あんちょこ以外の仕事で使うものについてはこちらの記事をぜひご覧ください。

>> グランドスタッフが毎日仕事で使うもの

ハシ
ハシ

あんちょこを作るためにも、訓練やOJTのときに学んだことはメモを取るようにしましょう