【航空】飛行機がATBするのはどんな時?【出発地空港へ引き返す】

運航知識

どーもハシです!

みなさん、飛行機を利用した時、離陸後に出発地空港へ引き返した経験ありますか?

飛行機が離陸後に何らかの理由で出発地空港に引き返すことを、航空業界ではATBと言います。

本日はATBについて、詳しくご紹介したいと思います。

ATBってどういう意味?


ATBとは【Air Turn Back】の頭文字を取った略語です。

GTBとごっちゃになるという方も多いのではないでしょうか。


ATBとGTBの違いを簡単に説明すると、【飛行機が引き返し始めるのが離陸前か離陸後か】ということです。

ハシ
ハシ

略語ではなく、正式名称で見るとわかりやすいと思います


GTBは【Ground Turn Back】の頭文字を取った略語です。


その名の通り、地上からSPOTに引き返す時に使われます。

つまり、プッシュバック後から離陸するまでの間に引き返すという意味です。

>> 航空業界で働いている人が慌てるGTBって何?


対して、ATBはAir Turn Backという名称からわかるように、離陸後に引き返すという意味になります。



また、DVT(ダイバート)との違いもわかりづらいですよね。


DVTは目的地空港に着陸できない時、出発地とは違う空港に着陸することをいいます。

対して、ATBは目的地空港に着陸できない時、出発地空港に引き返すことをいいます。

ハシ
ハシ

着陸する場所が出発地空港かその他の空港かの違いです


まとめると

・ATBは離陸後に出発地空港に引き返すこと

・GTBはプッシュバック後から離陸するまでの間に引き返すこと

・DVTは目的地空港に着陸できない時、出発地空港以外の空港に着陸すること

このようになります。


航空業界の専門用語をもっと知りたいという方はこちらの記事もぜひご覧ください。

>> 航空業界の専門用語

どんな時にATBをする?


では、どのような時に飛行機はATBをするのでしょうか。


・悪天候

目的地空港が悪天候で着陸できない時、ATBすることがあります。

特に、台風や大雪の日にはATBすることが多いです。

なぜ、DVTではなくATBするのかについては次の章で詳しくご紹介します。



・機体不具合が発生

飛行機に何らかの不具合が発生した時、ATBすることがあります。

「離陸後の機体不具合により、出発地空港に引き返しました」というニュースを一度は見たことあるかと思います。

ハシ
ハシ

このニュースを専門用語で言うと「機体不具合でATBしました」となります



・滑走路閉鎖

目的地空港が何らかの理由で滑走路閉鎖した時にもATBすることがあります。

例えば、他の飛行機がバードストライクしたことで滑走路の点検が必要になった時や、滑走路に野生動物が入り込んできた時などに滑走路を閉鎖し、飛行機の離発着を止めることがあります。

なぜ、わざわざ出発地空港に引き返す?


ATBについて、なんとなくわかっていただけたかと思います。

ここでこのような疑問を感じた方いませんか?


・なぜ、わざわざ出発地空港に引き返すの?


このように感じるのも当然ですよね


目的地空港の近くの空港に到着してくれたほうがお客様は嬉しいですよね。

そこから、バスや電車を利用して目的地まで行くことができます。


専門用語で言うと「ATBよりDVTしたほうがいいのでは?」ということですよね。

ハシ
ハシ

DVTではなくATBしないといけない色々な理由があるんです


その理由をご紹介していきます。



・目的地空港が悪天候の時、近隣空港も悪天候のことが多い

例えば、羽田空港が台風の影響で着陸できない状況とします。


このような場合、通常であれば羽田行きの飛行機は成田空港にDVTすることが多いです。

ただ、台風の影響は広範囲に及ぶので、成田空港も着陸できない可能性は高いですよね。


このように、台風や大雪など広範囲に影響を与える気象状況の時にはATBすることが多いです。



・時間的な問題

時間的な問題でATBすることもあります。

では、時間的な問題とは一体どういうことでしょうか。


羽田空港から関西空港行きの飛行機で考えてみましょう。


まず、各空港には運用時間というものがあります。

ハシ
ハシ

お店の営業時間のようなものです


各空港は基本的にこの運用時間内に飛行機の離発着を終わらせなければなりません。


羽田空港と関西空港は24時間空いている空港です。


では、羽田空港から関西空港に向かっている飛行機が21:30に関西空港上空に来たと考えます。

このような状況で関西空港の天候が急に悪化し着陸できない状況になった場合、どうなるでしょうか。


通常であれば、近隣空港である伊丹空港にDVTとなります。


ただ、伊丹空港の運用時間は21:00までなので、このケースでは伊丹空港にDVTすることはできません。


だからといって、24時間空いている中部空港にDVTされてもお客様は困りますよね。

夜遅くなので中部空港から関西空港までの地上交通もないですし、泊まるホテルをこの時間から探すのも大変です。


なので、このような時には羽田空港にATBをします。



・離陸直後の機体不具合

上空で機体不具合が発生した場合、安全面を考慮して早めに着陸することが大切です。

目的地空港近くで不具合が発生した場合にはそのまま飛行を続行したほうがいいです。

ハシ
ハシ

そのほうが早くに到着できますよね


対して、離陸直後に不具合が発生した場合にそのまま目的地に向かって飛行するのは危険ですよね。

早めに着陸することが大切なので、そのような場合にはATBをします。


航空業界を題材にした映画「ハッピーフライト」も離陸後の不具合でATBをする物語になっています。

ハシ
ハシ

航空業界のドラマや映画ってけっこう勉強になりますよ(笑)


ぜひこちらの記事もご覧ください。

>> 飛行機・空港に関するドラマと映画をご紹介【おすすめの作品です】

まとめ

ATBについてわかっていただけたでしょうか。

自分が利用している飛行機がATBするのって不安になりますよね。

ただ、過去の記事でもご紹介していますが、ATBに限らずGTBやDVTなど、全て安全面を最優先に考えた上での行動です。

航空業界で働いている全ての人たちが安全を最優先に考えて行動しています。

ハシ
ハシ

むしろ、ATBをせずに無理やり目的地空港に着陸しようとするほうが危険ですよね


なので、自分が利用している飛行機がATBした時には「ATBは安全のためにしていることなんだ」このように考えることで、少しは不安解消できると思いますよ。