【経験談】退職をなかなか切り出せない方へ

転職・仕事

どーもハシです!

退職って人生の大きな分岐点ですよね。

退職をしようと決断した方は悩んで悩んで、やっとの思いで決断したと思います。

やっとの思いで退職を決断した後は自分の意思を伝えないといけません。

ハシ
ハシ

退職を切り出すのも、また勇気がいる行動ですよね


特に、勤務した期間が長ければ長いほど、退職を切り出しづらいものです。

本日は退職をなかなか切り出せない方へ伝えたいことをご紹介します。

まず、誰に退職を切り出す?


まず、退職を誰に切り出したらいいか迷いますよね。

同僚・上司・社長などなど、迷われる方もいると思います。


まず、私は信頼できる同僚に伝えました。


やはり、信頼できる同僚には上司よりも先に伝えないといけないと思いましたね。

あと、自分が同僚の立場だったらどうだろうという視点で考えました。


もし、同僚が自分へ相談なしに退職の話しを進めていたら、「なんで先に言ってくれなかったのか」と思うだろうなと感じました。

ハシ
ハシ

特に、信頼している同僚であればなおさら感じますよね


個人的にまずは本当に信頼できる同僚にだけ伝えるべきだと思います。

あまり、多くの人に伝えすぎてしまうと噂として上司の耳に入るかもしれませんよね。


それはあまり印象良くないので、避けるべきです。



信頼できる同僚に伝えた後は直属の上司に退職を切り出しました。


ここで重要なのは直属の上司に伝えるということです


会社の組織形態にもよりますが、部長の下に課長がいて、またその下に係長がいるというのが一般的ですよね。

ここで役職のない社員がいきなり部長に退職を切り出すのは私は違うのかなと思います。


やはり、自分の直属の上司、この場合は係長にまずは伝えるべきだと思います。


いきなり部長に伝えてしまうと、直属の上司である係長が何も知らない状態になってしまいますよね。

ハシ
ハシ

これは避けるべきだと思うので、まずは直属の上司に退職を切り出しましょう

直属の上司に退職を切り出す


私が直属の上司に退職を切り出した瞬間は今でも鮮明に覚えています。

ハシ
ハシ

とても緊張しました(笑)


私は「今日、退職を切り出すぞ」と決めてましたが、なかなか切り出せずにいました。

お世話になっていた上司でしたので、退職を切り出すのがとても心苦しく感じていました。


時間だけが過ぎていく中で、いよいよ言わないと一日が終わってしまうと思い、終業時間の1~2時間前に伝えました。

ハシ
ハシ

緊張と心苦しい気持ちでいっぱいでしたね


退職を決意して実際に退職する過程の中で、一番緊張した瞬間が「直属の上司に伝えた瞬間」でした。


その後は管理職と話し合うことになりますが、直属の上司に伝えているとスムーズに進んでいきますよ。



今は退職の手続きを代行でしてくれるサービスもあります。

ハシ
ハシ

賛否両論ありますよね


とてもブラックな会社でなかなか辞めさせてもらえない状況なのであれば、退職代行のサービスを利用するのも個人的にはありだと思っています。


ただ、お世話になった会社であれば、やはり自分の口で退職を切り出すべきだと思います。

>> 退職するまでの流れ・準備すること【円満退社するために】

退職を切り出せない方へ


退職を切り出すのは本当に勇気のいることです。

退職を決断するのにも勇気がいりますが、実際に口に出して上司に伝えるというのはもっと勇気がいります。


なかなか退職を切り出せないと悩んでいる方は心優しい方だと思います。

「自分が担当していた仕事を引き継ぐことで、同僚が忙しくなってしまう」

「よくしてくれた上司に申し訳なくてなかなか退職を切り出せない」

こう思っている方もたくさんいると思います。


ただ、やはりどこかで勇気を出さなければいけません。

不安がすべてなくなることはありません。

ハシ
ハシ

家族や信頼できる同僚に相談をした後、勇気を振り絞りましょう!

>> 転職を考えたとき誰に相談する?【様々な意見を聞くことが重要】



転職エージェントに相談するのも一つの手ですね。

転職・退職のプロに相談することで不安を解消することができるかもしれません。

転職エージェントは全て無料で利用できますので、興味ある方は利用してみてください。

>> 【意外と簡単です】転職エージェントを利用するまでの流れ

【おすすめの転職エージェント】

転職のリクルートエージェント / 転職支援実績 No.1 ※最大級の転職エージェントで求人数も豊富ですので、迷ったらここに登録しておきましょう。

転職ならdodaエージェントサービス  ※こちらも大手の転職エージェント。こちらも求人数が豊富で、かつ独自の求人もあります。

まとめ

退職を決断するまでには様々な葛藤があったと思います。

退職をなかなか決断できない方はこちらの記事をご覧ください。

>> 退職を決断できない人へ伝えたいこと【決断するための少しの行動】


退職を切り出した後は引継ぎなどで忙しくなりますが、スムーズに進みます。

ハシ
ハシ

退職を切り出す際は勇気を振り絞ってください!


一人の方にでもこの記事が参考になれば嬉しいです。