【日の出前に出勤してました】早起きが苦手な方が克服するための方法

趣味・雑記

どーもハシです!

みなさん、早起きって辛いですよね。

早起きが苦手な人って多いと思います。

ハシ
ハシ

特に、冬の寒い時期は辛いですよね(笑)


私も前職は航空業界で働いており、早番シフトの際は日の出前に出勤することもありました。

本日は早起きが苦手な方に向けて克服するための方法についてご紹介します。

変わった目覚まし時計を使う


みなさんが早起きをする際、前日の夜に目覚まし時計やスマホのアラームをセットしますよね。

目覚まし時計とスマホのアラームを併用して使っている方も多いと思います。


ただ、目覚まし時計やスマホのアラームだけではなかなか起きられないという方もいるのではないでしょうか?

ハシ
ハシ

スマホのアラームを10分おきにセットしているのに結局最後のアラームまで起きれなかった経験ありますよね…(笑)


通常の目覚まし時計やスマホのアラームで起きれない方は少し変わった目覚まし時計を使ってみるのも一つの手です。


ここでは少し変わった目覚まし時計をご紹介していきます。



・大音量で起こす目覚まし時計


シンプルな考え方ですが、スマホのアラーム音が小さいと感じている方は大音量の目覚まし時計を使ってみましょう。


スマホのアラーム音ってけっこう心地よく感じませんか(笑)?


早く起きて止めないと周りに迷惑になるくらい大音量の目覚まし時計を使えば、強制的に起きることができるかもしれませんよ。

ハシ
ハシ

家族と一緒に住んでいる方は使わないほうがいいかもしれません(笑)



・振動で起こす目覚まし時計


音ではなかなかスムーズに起きられないという方は振動で起こす目覚まし時計を試してみましょう。


こちらの目覚まし時計はスマホのバイブよりも何倍も強い振動を起こします。

枕の下に入れても振動が伝わるので、枕の下に入れて使うことができますよ!


形もコンパクトですので、枕の下に入れても違和感や不快感を感じずに使うことができます。

ハシ
ハシ

家族と同じ部屋で寝ている方も安心して使うことができますね



・光で起こす目覚まし時計


光で起きる目覚まし時計もあります。

ハシ
ハシ

朝起きて太陽の光を浴びるとシャキッとしますよね


セットした時間の10分前から日の出のように少しずつ明るくなっていくことで、快適に起きることができます。


明るさの調整も20段階までできるので、明るすぎたり暗すぎたり感じることもありません。


日の出前に起きる際は太陽の光を浴びることができませんが、こちらの目覚まし時計を使えば光を浴びて起きることができますよ!



・動き回る目覚まし時計


こちらの目覚まし時計は音を鳴らしながら動き回る目覚まし時計です。

止めるためには立ち上がって捕まえなければなりません。

ハシ
ハシ

起き上がることで強制的に目が覚めますよね


スターウォーズが好きな方はこちらの動く目覚まし時計もおすすめですよ(笑)!

早起きをするために実践していた方法


私が早番の際に実践していたことをご紹介します。

全て簡単にできることなので、すぐに実践することができますよ!



・起きたらすぐに立ち上がる

ハシ
ハシ

早起きをする際に1番怖いのが二度寝をすることですよね(笑)


二度寝を防ぐために私はアラームが鳴ったら、まずすぐに立ち上がるようにしていました!


横になった状態でアラームを止めると、そのまま二度寝をしてしまいます。

起きてすぐに立ち上がってしまえば、まず二度寝は防ぐことができます。



・起きた後は横にならない

ベッドから起きたけどリビングのソファで二度寝をしてしまう方も多いと思います。

ハシ
ハシ

冬の時期のこたつも同じですよね(笑)


こたつに入ったらまずそこから抜け出すことはできません(笑)

起きた後は絶対に横にならず常に立っていたり、椅子に座ったりすることで二度寝を防ぎましょう。



・シャワーを浴びる

起きた後、どうしても眠気が取れない際にはシャワーを浴びて強制的に目を覚まさせたこともありました。

寝ぐせも直せるので一石二鳥です!

ハシ
ハシ

ただ、冬の時期に朝からシャワーはかなり辛いですよね(笑)

まとめ

早起きが苦手な方に向けて克服するための様々な方法についてご紹介しました。

色々紹介しましたが、まずは規則正しい生活を送るのが一番です!

適度な運動や十分な睡眠を確保した上で、ぜひ本日ご紹介した方法を試してみてください。