【少し休みましょう】転職活動に疲れたと感じた際に実践してほしいこと

転職・仕事

どーもハシです。

転職活動を始めたばかりのころは、履歴書を書いたり、面接を受けたりするのが久しぶりで、モチベーションも高いと思います。

ハシ
ハシ

新たな転職先で働く姿を想像したり、受ける企業を選んだりすることはワクワクする面もありますよね


一方で、転職活動が長引くと、徐々にモチベーションが落ちてきます。

1社目で決定したり、行きたかった企業からすぐに内定が出たりして、順調に転職活動を終える方も、なかにはいますが、多くの方はそんなに順調にはいかないと思います。

「なかなか選考に通らない…」

「転職活動に疲れてやる気が出ない…」

このような方もいるのではないでしょうか。

ハシ
ハシ

私も経験ありますが、転職活動が長引くと本当に疲れますし、やる気がなくなります…


本日は転職活動に疲れたと感じた際に、実践してほしいことについてご紹介します。

基本的に転職活動は長期戦になると考えておく


まず、転職活動をこれから始めようとしている方、ならびに転職活動を始めたばかりの方に伝えたいことが


【転職活動は長期戦になることが多い】


ということです。


もちろん、苦労せずして転職活動を終える方もいるでしょう。

ただ、多くの方は長期戦になると思います。


特に、働きながら転職活動をしようと考えている方は、長期戦になることを覚悟しておきましょう。

書類選考に必要な応募書類の作成、面接日の調整など、働きながらだとなかなか時間が取れません。


なので、逐一求人情報をチェックしたり、職務経歴書を作成したりと、こまめに動いていく必要があるといえるでしょう。

>> 【第一歩を踏み出しましょう】転職は若いうちが有利です

転職活動に疲れた際に実践してほしいこと


ここからは、転職活動に疲れたと感じた際に実践してほしいことをご紹介します。

まず休む

転職活動で疲れたと感じた際には、まず休みましょう。

転職活動を経験して感じたことは、転職活動では、実力はもちろん大切ですが、運の要素も強いということです。


書類選考や面接を担当している人事の方との相性、受けた企業との相性によって、結果は大きく左右されます。

書類選考や面接で落ちることが続く期間もあれば、トントンと選考が順調に進む期間もあります。

>> 【人に頼りましょう】書類選考に落ちた人がすべきこと【就活】


転職活動にはそういった波があると思うので、落ちることが続いて「転職活動疲れたな…」と感じた際には、まずは休みましょう。


また、とにかくどこかの内定が欲しいからといって、興味がない企業を片っ端から受けることは避けたほうがいいです!

ハシ
ハシ

転職活動が長引いてくると、どこでもいいから内定が欲しくなってしまい、志望業界の軸がぶれてきます


とにかく内定が欲しくなる気持ちは本当によくわかります。

私も転職活動が長引いた際、そのような気持ちになりました。

志望する業界の求人数が少なかったから、といった理由も関係していたと思います。


ただ、転職活動を経験して思うことは、自分がやりたいこと・転職で達成したいことの軸はしっかり持ち続けることが大切だということです。

土日休みの仕事がしたい

・事務の仕事がしたい


など、達成したいことは人それぞれだと思います。


たとえ、自分が志望する業界の求人数が少なかったとしても、時間が経てば求人数はいつの間にか増えています。

今受けたい企業がなかったとしても、受けたい企業の求人は意外と新しく出てきます。

ハシ
ハシ

なので、転職を通して達成したいことは大切にしておいたほうがいいです


ただ、自分の条件を完ぺきに満たしてくれる求人というのは少ないので、ある程度の妥協は必要になってくるでしょう。

給料も高くて、休日数も多くて、残業時間も少なくて、100%リモートワークできるといった求人は、なかなかないですよね(笑)


ここだけは譲れないという軸を持っておいて、それに該当する求人に積極的に応募していったほうが、後悔することは少ないと思います。

>> 【切り替えが大事】書類選考の結果連絡が来ない時は落ちたと考えましょう

志望動機・職務経歴書を見直す

書類選考や面接がうまくいかない際には、履歴書や職務経歴書の書き方を見直してみましょう。

その際におすすめなのが、第三者に添削してもらうことです!


自分では完ぺきな志望動機や職務経歴書と思っていても、第三者の目線からは改善点が見えるものです。

また、履歴書や職務経歴書などの応募書類を審査するのは第三者です。


客観的に見て自分の志望動機がどう見えるのか、熱意が伝わる内容なのかどうかをぜひ、誰かに添削してもらってください!


周りに見せれる人がいない、周りの人に見せるのは恥ずかしいという方は、転職エージェントを利用するのも1つの手です。

担当エージェントの方が書類の添削をしてくれます。

自分では気づけなかった点に関してアドバイスを受けることで、応募書類をより魅力的なものにしていけるでしょう。


おすすめの転職エージェントを下記で紹介しますが、どのエージェントも料金は一切かかりません。

利用してみて合わないなと感じたら退会することもできるので、まずは気軽に利用してみてください!

【おすすめの転職エージェント】

リクルートエージェント ※転職支援実績No.1の転職エージェントです。どの転職エージェントを使うか迷っている方はまずここに登録しておけば間違いありません。

dodaエージェントサービス ※こちらも大手の転職エージェントです。求人数が豊富で独自の求人も多くあります。

マイナビジョブ20’s ※こちらは20代に特化した転職エージェントです。

まとめ

転職活動が長引いて自信がなくなったり、疲れてやる気がなくなったりした際には、無理せず休むことが大切です。

「ブランクがあきすぎるのは良くないから、早く決めないといけない」と、あせって転職したとしても、長くは続かないと思います。

だからこそ、転職活動がうまくいかない期間は思い切って休み、リフレッシュしましょう。

ハシ
ハシ

気持ちをリフレッシュして、無理のないペースで転職活動を進めていってください