【合格の可能性もありますが…】書類選考の連絡が遅い時は次を受けましょう

転職・仕事

どーもハシです!

書類選考の連絡を待つ期間ってドキドキしますよね。

自信がある人でも実際に結果の連絡が来るまでは落ち着かないと思います。

なかには書類選考の結果が出るまで次の企業は受けないという方もいると思います。

ハシ
ハシ

私も転職活動の際、1社ずつ受けてた時期がありました


ただ、この就活の進め方はおすすめしません!

本日は書類選考の連絡待ちをしている方に伝えたいことをご紹介します。

書類選考の連絡が遅いと不合格?


就活では【書類選考の連絡は合格の場合は早く、不合格の場合は遅い】と言われていますよね。

ハシ
ハシ

私の場合、けっこう当てはまっていました


書類選考の連絡が一番早かった企業はWEBで応募したその日の内に合格の連絡が来ました(笑)


ただ、書類選考の連絡が早いか遅いかは、合格か不合格かよりも応募先の企業が大企業か中小企業かどうかに左右されると思います。


私が転職活動で大企業を受けた際は結果連絡が遅かったです。

大企業は応募してくる人数も多いですし、社内の調整にも時間が掛かるので結果連絡も遅くなる傾向にあります。


対して、中小企業は書類選考の結果連絡が早かったです。

ハシ
ハシ

先ほど紹介した応募した当日に結果連絡が来たのも中小企業でした


中小企業は大企業と比べると応募してくる人数も少ないですよね。

会社の規模もそこまで大きくなく社内の調整もスムーズに行なえるので、合格か不合格の判断を早めに連絡することができます。


まとめると

・【書類選考の連絡は合格の場合早く、不合格の場合は遅い】はけっこう当てはまる

・書類選考の連絡は大企業では遅く、中小企業では早い傾向にある

ハシ
ハシ

書類選考の連絡を待っていてそわそわしている方はぜひ参考にしてみてください


番外編ですが結果連絡が来ないパターンもあります。


ただ、企業によっては合格者のみに結果連絡をするというところもありますので、応募先の企業の採用プロセスをしっかり確認しておきましょう。


ちなみに私は面接を受けた際、合格でも不合格でも3日以内に連絡しますと言われて連絡が来なかった経験があります(笑)

詳細はこちらの記事で紹介していますので、興味ある方はぜひご覧ください。

>> 【不安を解消】面接の結果連絡が遅いのはどんな時?【実体験をご紹介】


私は企業に問い合わせしませんでしたが、企業側が連絡し忘れている可能性もありますので期限内に連絡がなかった場合は問い合わせるのもありだと思います。

ハシ
ハシ

企業側もその点はしっかりしておいてほしいですよね

書類選考の連絡待ちの間にも他の企業をどんどん受けるべき


記事のタイトルにもしていますが、書類選考の連絡待ちの間も他の企業をどんどん受けるべきです!

私が実際にそう感じた理由は二つあります。


一つ目の理由は就活が長引いてしまうからです


就活で1社ずつ受けるのは悪いことではありません。

確かにそのほうが自己分析や企業分析に力を入れることができます。


ただ、就活を経験すればわかりますが、就活における合格・不合格は運の要素が強いです。

ハシ
ハシ

様々な企業を受けるとなんとなく自分と企業の相性が分かるようになってきます


就活を控えている学生の方からすれば、そんなのあるわけないと思われるかもしれません。

ただ、就活を経験すれば理解できると思います!


面接で全然かみ合わずにアピールできない企業もあれば、会話するようにスムーズに受け答えができる企業もあります。


もちろん、企業分析をしていない人が面接でかみ合わないのは当然です。

一方で企業分析をしっかりしたとしても面接でかみ合わないことって本当にあるんです。

ハシ
ハシ

就活って本当にご縁だなと思います


どんなに自己分析や企業分析をしたとしても、相性が合わなければ不合格になります。

その際に1社にしぼっているとまた一から企業を探し、書類作成・企業分析をしなければいけなくなり、結果的に就活が長引いてしまいます。



二つ目の理由は心に余裕を持つためです。


就活で不合格の連絡を受けると気持ちが落ちてしまいます。

「このままどの企業にも合格できないんじゃないか…」

「自分にはなにか足りないんじゃないか…」

など、ネガティブに考えてしまいます。


このような不合格の連絡を受けた際、他の企業で選考中のところがあれば気持ちが楽になります。


「この企業は不合格だったけど、他の企業はまだ選考に残っているからチャンスはある」


このようにポジティブに考えることができます。


また、面接を受ける際にも他に選考中の企業があれば


「この企業を落ちたとしても他の企業が選考中だから大丈夫」


このように心に余裕ができ、リラックスした気持ちで面接に臨むこともできます。


面接に関してはこちらの記事もぜひご覧ください。

>> 【慣れてきたと感じる瞬間が来ます】面接は何回目で慣れる?【就活】



先ほども紹介しましたが、就活は運の要素が強いです。


数多くの企業の中から自分に合った企業を探すのが就活だと思います。

自分に合う企業かどうかは様々な企業を受けてみないことにはわからないことです。

ハシ
ハシ

なので、興味ある企業は積極的に受けるようにしましょう!

就活エージェントを活用しよう


新卒採用でも中途採用でも就活エージェントを活用することは重要です!


就活エージェントに登録することでしか見ることができない求人もあります。


実際に私が転職活動していた際、受けたい企業が転職サイトには載っておらず、転職エージェントの求人には載っていたというパターンがありました。

ハシ
ハシ

転職エージェントに登録していなかったら、見つけることすらできませんでした


また、担当者の方も親身になって話しを聞いてくれて、求人を紹介してくれます。


「就活エージェントってこまめな連絡がありそうでめんどくさそう」

このように感じている方もいるかもしれませんが、そんなことありません。


私はメールやアプリでのやり取りがほとんどでした。

ハシ
ハシ

向こうも多くの就活生を抱えているので、そんな余裕ないと思います(笑)


もちろん、紹介された求人を必ず受けないといけないわけではありません。

自分の興味ある企業だけ受ければOKです。


書類添削をしてくれるのもかなり大きいですよ!


応募書類の添削をしてくれるので、就活エージェントの求人以外を自分で探して受ける際にも書類の書き方は参考にできます。


就活エージェントではこのようなサービスを無料で受けることができるので、登録しておいて損はありません!

もし、合わないと感じたら退会すればOKです。

【おすすめの転職・就活エージェント】

リクルートエージェント ※転職支援実績No.1の転職エージェントです。どの転職エージェントを使うか迷っている方はまずここに登録しておけば間違いありません。

dodaエージェントサービス ※こちらも大手の転職エージェントです。求人数が豊富で、かつ独自の求人もあります。

キャリアチケット ※こちらは新卒者向けの就活エージェントです。就活のプロが応募書類の添削や面接対策をしてくれます。

まとめ

書類選考の連絡を待っているだけだと就活は進んでいきません。

興味ある企業はどんどん受けて、就活をスムーズに進めていきましょう!