【不安を解消】面接の結果連絡が遅いのはどんな時?

転職・仕事

どーもハシです!

新卒採用でも中途採用でも面接の結果を待っている期間はとてもそわそわしますよね。

特に面接の結果連絡が遅く、なかなか来ないときは落ち着かないと思います。

「1週間以内に連絡すると言われたけど、なかなか来ない…」

「面接で失礼なこと言ってしまったかな…」

など、考えれば考えるほど不安になりますよね。

ハシ
ハシ

私も何度もその気持ちを経験してきました


本日は面接の結果連絡が遅いと不安に感じている方に伝えたいことをご紹介します。

面接の結果連絡が遅いのはなぜ?


受験者からしたら面接の結果連絡は早くにしてほしいですよね。

面接の結果連絡が遅い時にはいくつかの理由が考えられます。

他の受験者の試験が終わるのを待っている

面接の結果連絡が遅いときにまず考えられるのがこの理由です。

ハシ
ハシ

たとえば、自分が月曜日に面接を受けたとします


1日に面接できる人数は限られていますので、複数の日にわたり面接が行なわれます。


もし、金曜日に最後の受験者の面接が終わった場合、自分に面接結果の連絡が来るのは少なくとも金曜日以降になりますよね。


土日休みの企業であれば、次の週に連絡が来る可能性も大いにあります。

採用担当者が忙しい

採用担当者が忙しいため、結果連絡が遅くなっているケースも考えられます。


当たり前ですが、採用担当者は採用面接以外にも仕事を抱えています。


特に月末などは忙しく、そのような時に他の仕事に追われて採用面接の結果連絡が遅くなっていることが考えられます。

あえて連絡を遅くしている

ハシ
ハシ

受験者側からしたら迷惑以外のなにものでもないですよね


面接の結果は出ているものの、すぐに不合格の連絡をすると印象悪いと思い、企業があえて結果連絡を遅らせている可能性もあります。


企業の気持ちもわからないわけではありません。

ただ、受験者側からしたら不合格でも早くに結果連絡を知りたいものです。


そのほうが気持ちを切り替えて次に進むことができますよね。

結果連絡を忘れている

採用担当者が合否連絡をすること自体を忘れている可能性もあります。


「そんなことありえるの?」と思いますよね。

残念ながらありえます…

ハシ
ハシ

私はこの経験あります(笑)


私の場合、転職活動の一次面接後に「3日以内に合格でも不合格でもメールで結果連絡します」と採用担当者から言われたにも関わらず、連絡が来ることはありませんでした。


面接も良い雰囲気で終わり、自分としても手ごたえがあったにも関わらずです(笑)


志望度も高い企業でしたが、期限を守らないことで企業に対する信頼度がガクッと下がったので、こちらから問い合わせはしませんでした。


受験者側も応募書類提出の期限を守っているのに、企業にこんなことされたら腹立ちますよね。

ハシ
ハシ

そわそわした3日間を返せと言いたいです(笑)

面接の結果連絡が遅いときにすべきこと

とりあえず期限内は待つ

面接後は採用担当者から「○○日以内に結果連絡します」と言われることが多いです。


その期間はとりあえず結果を待ちましょう。

ハシ
ハシ

土日休みの企業の場合、土日は営業日ではないので抜かして考えてください


その期間を過ぎても結果連絡が来ない場合には企業に問い合わせるのもありだと思います。

他の企業を受ける

他に興味ある企業があれば、結果待ちと並行してその企業を受けましょう。


結果を待ってそわそわするだけよりも他の志望している企業を受けたほうが効率良いですし、なにより気が紛れます!


転職エージェントを利用してない方は利用してみるのもいいと思います。

>> 【意外と簡単です】転職エージェントを利用するまでの流れ


特に、書類選考に苦戦している方は転職エージェントの方に一度添削してもらいましょう。

【おすすめの転職・就活エージェント】

転職のリクルートエージェント ※転職支援実績No.1の転職エージェントです。どの転職エージェントを使うか迷っている方はまずここに登録しておけば間違いありません。

転職ならdodaエージェントサービス ※こちらも大手の転職エージェント。独自の求人も取り扱っています。

キャリアチケット ※こちらは新卒者向けの就活エージェントです。就活のプロが応募書類の添削や面接対策をしてくれます。

通過後の対策をする

一次面接の結果待ちの際には次の面接対策をするのもいいと思います。


二次面接・最終面接ではどんなことをアピールするかを事前に準備しておけば、合格後にスムーズに動けますよね。


たとえ、不合格だったとしても次の面接に向けて準備したものは、他の企業を受ける時に活用することができますよ!

>> 【失敗談から学ぶ】WEB面接を受ける際の注意点【準備が大切】

面接の結果連絡待ちで不安を感じている方に伝えたいこと


面接の結果連絡待ちってかなり不安ですよね。

面接の手ごたえがあってもなくても、結果連絡が来るまでは不安が完全に解消されることはないです。


そういった方に伝えたいことは

他の興味ある企業を積極的に受けましょう

ということです。

ハシ
ハシ

たとえば、第一志望の企業の結果待ちの状態だとしましょう


そのような状態で第二志望の企業を受験するのは心が引けるという方もいるかもしれません。

「第一志望の企業に合格した場合、断るのが申し訳ないな」と考えている方もいると思います。


ただ、そのようなことは考える必要ありません


企業が私たちを選ぶように、私たちにも企業を選ぶ権利があります。

選考辞退をすることは珍しいことではないので、採用担当者の方も慣れてますよ。


実際に私も内定を断ったことがあります。


とても緊張して「怒られるかな」「問題になったりしないかな」など、不安に感じてました。

ただ、実際に連絡したところ「はい、わかりました」これだけでした(笑)

ハシ
ハシ

その時に企業はこういうことに慣れていて、私たちが思っているほど気にしてないんだなと感じました

>> 【状況によってはありです】内定辞退をメールのみで伝えるのは失礼?



また、違う企業を受けることで心に余裕ができます。


「この企業に落ちたとしてもまだ選考中の企業があるから大丈夫」このように考えることできます。


このような理由から、面接の結果連絡待ちで不安を感じている方には【他の興味ある企業を積極的に受けること】をおすすめします。

まとめ

面接の結果連絡待ちでそわそわするのは当然のことです。

悔いのない企業選びができるよう、興味ある企業は積極的に受けましょう。


最後におすすめの転職・就活エージェントをまとめておきます。


登録後は担当者おすすめの企業をメールやアプリでチェックし、興味ある企業を受けるという流れです。

もちろん、自分の希望条件で求人をチェックし、受けることもできます。


登録は5分程度で終わりますので、ぜひこの機会に行動してみてください!

【おすすめの転職・就活エージェント】

転職のリクルートエージェント ※転職支援実績No.1の転職エージェントです。どの転職エージェントを使うか迷っている方はまずここに登録しておけば間違いありません。

転職ならdodaエージェントサービス ※こちらも大手の転職エージェント。独自の求人も取り扱っています。

キャリアチケット ※こちらは新卒者向けの就活エージェントです。就活のプロが応募書類の添削や面接対策をしてくれます。